MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

アレルギー性鼻炎に関する記事

表示順:
砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)
更新: 2018-09-12 10:44:28
アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)
更新: 2018-06-20 12:25:59
私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)
更新: 2018-09-04 11:40:54

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt