医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

トマトに関する健康情報


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


更年期障害に「加熱トマト」が効果!中性脂肪値を下げる“13オキソODA”に注目

更年期障害に「加熱トマト」が効果!中性脂肪値を下げる“13オキソODA”に注目

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


私の血圧が下がった理由 朝食をトマトにて正常値!ぐんぐん痩せた

私の血圧が下がった理由 朝食をトマトにて正常値!ぐんぐん痩せた

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


背中のぜい肉を取った方法は「焼きトマトダイエット」私は3ヵ月で21kg痩せ!

背中のぜい肉を取った方法は「焼きトマトダイエット」私は3ヵ月で21kg痩せ!

焼きトマトは、厚さ1cmくらいの輪切りにしたトマトを、オーブントースターで10分ほど焼くだけです。焼くことで、トマトのうま味と甘味が強くなるだけでなく、トマトの栄養成分である「リコピン」の吸収率もよくなるのだそうです。【体験談】田川由起子(仮名・主婦・36歳)


【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【トマトのダイエット効果】「酢トマト」基本の作り方

【トマトのダイエット効果】「酢トマト」基本の作り方

酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。【料理・レシピ考案・スタイリング】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【ダイエット効果】やせるおかずに一変!「酢トマト」活用レシピ

【ダイエット効果】やせるおかずに一変!「酢トマト」活用レシピ

酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。【料理】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【ストレス対策】トマトの効果はリコピンだけじゃない!GABA(ギャバ)も豊富

【ストレス対策】トマトの効果はリコピンだけじゃない!GABA(ギャバ)も豊富

GABAは脳の神経伝達物質の一つで、高いリラックス効果をもたらす作用で注目を集めている機能性成分です。ストレスや不安を軽減させる作用があり、うつ病や不眠症の改善、脳機能の向上効果など、多くの研究が進んでいます。手軽にGABAが補給できる食べ物、それがトマトです。【解説】白石美緒(イーストワン皮膚科・形成外科院長)


【糖尿病合併症を防ぐ食べ物】トマトの栄養リコピンと味噌が最強コンビ

【糖尿病合併症を防ぐ食べ物】トマトの栄養リコピンと味噌が最強コンビ

私は糖尿病の専門医として、1日の摂取糖質量を150g以内に抑える糖質制限食の実践に加え、トマトとみそを積極的にとることを勧めていて、ヘモグロビンA1c(1~2カ月以内の血糖状態を示す指標)の改善に高い効果を上げています。 【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


 抗酸化物質のW効果で糖尿病を予防【トマト味噌】の基本の作り方

抗酸化物質のW効果で糖尿病を予防【トマト味噌】の基本の作り方

トマトに含まれる「リコピン」とみそに豊富な「メラノイジン」という抗酸化物質が同時にとれ、うま味が増し、塩分は自然に減らせると今話題の万能健康調味料が「トマトみそ」。2種類の作り方をご紹介しますので、とにかく一度作ってみてください。和洋中、どんな料理もおいしく健康的に一変します。【料理】古澤靖子


糖尿病を予防する最強コンビ【トマト味噌】レシピ

糖尿病を予防する最強コンビ【トマト味噌】レシピ

糖尿病の予防・改善にオススメな「トマトみそ」をご紹介します。トマトのうま味成分である「グルタミン酸」の働きでうま味が増し、自然な減塩ができることから、高血圧のかたにもピッタリ。抗酸化作用のあるリコピンやメラノイジンは熱に強く、加熱しても効果は落ちません。ぜひ継続して取り続けてください。【料理】古澤靖子


【脳梗塞・心筋梗塞】予防には「水分摂取」と「トマトのリコピン」が効果

【脳梗塞・心筋梗塞】予防には「水分摂取」と「トマトのリコピン」が効果

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する習慣

【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する習慣

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【糖尿病を改善】トマト&オリーブオイル 絶品レシピ(1)

【糖尿病を改善】トマト&オリーブオイル 絶品レシピ(1)

トマトに含まれるリコピンは、インスリン(血糖値を調節するホルモン)の効きを高め、糖尿病の予防・改善効果が期待できます。このリコピンを、より効率的に摂取するために使いたい食材が、オリーブオイルです。この最高のコンビを、糖尿病の予防・改善に役立ててください。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

真っ赤なトマト。赤さのもとは、いくつもの健康効果で注目されている色素成分リコピンです。イタリアのガン研究所が行った調査では、トマトを1週間に7個以上食べている人は、2個以下の人に比べて、消化器系のガンの危険率が約6割までへったというデータがあります。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授)


加熱で旨みアップ!【焼きトマト】ダイエット美味レシピ4選

加熱で旨みアップ!【焼きトマト】ダイエット美味レシピ4選

トマトは、生で食べるよりも、熱を加えたほうが、甘みや旨みがグンと増します。しかも、単においしくなるだけでなく、焼くことによって、トマトに含まれるリコピンの吸収率が高まり、健康効果もアップ!焼きトマトの力で、19kg、16kgと大幅減量に成功した人も続出しているのです。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


夏バテに【トマト氷】簡単レシピの作り方[主食・主菜編]

夏バテに【トマト氷】簡単レシピの作り方[主食・主菜編]

季節を問わず、トマトが皆さんの食卓に上がる機会は多いことでしょう。トマトは栄養価が高く、夏の暑さで弱った体に、元気を与えてくれる食材でもあります。そんなトマト手軽に毎日の食生活に取り入れられるようにと考えたのが、「トマト氷」です。ここではトマト氷のアレンジレシピを紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【トマトの色素成分リコピン】加熱で効果倍増「焼きトマト」の作り方

【トマトの色素成分リコピン】加熱で効果倍増「焼きトマト」の作り方

トマトは、生で食べるよりも、加熱したほうが、甘みや旨みがグンと増します。しかも、単においしくなるだけでなく、焼くことによって、トマトに含まれる栄養リコピンの吸収率が高まり、健康効果もアップ!焼きトマトを上手に利用して、ダイエットに成功し大幅減量した人も続出しているようです。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)