MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

トマトに関する記事

表示順:
焼きトマトは、厚さ1cmくらいの輪切りにしたトマトを、オーブントースターで10分ほど焼くだけです。焼くことで、トマトのうま味と甘味が強くなるだけでなく、トマトの栄養成分である「リコピン」の吸収率もよくなるのだそうです。【体験談】田川由起子(仮名・主婦・36歳)
更新: 2018-09-09 11:25:15
酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。【料理】柳澤英子(料理研究家・編集者)
更新: 2018-07-11 16:30:00
酢トマトは、できれば毎日1~2回、いろいろなメニューにちょい足しして食べるのがお勧めです。肉、魚の素材や和洋中の味つけを問わず、どんな料理にも合い、酢トマトをちょっと加えるだけで「やせる食べ方」のルールに合ったおかずになります。【料理・レシピ考案・スタイリング】柳澤英子(料理研究家・編集者)
更新: 2018-09-09 11:33:09
食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)
更新: 2018-07-12 14:20:48
糖尿病の予防・改善にオススメな「トマトみそ」をご紹介します。トマトのうま味成分である「グルタミン酸」の働きでうま味が増し、自然な減塩ができることから、高血圧のかたにもピッタリ。抗酸化作用のあるリコピンやメラノイジンは熱に強く、加熱しても効果は落ちません。ぜひ継続して取り続けてください。【料理】古澤靖子
更新: 2018-09-05 23:59:47
トマトに含まれる「リコピン」とみそに豊富な「メラノイジン」という抗酸化物質が同時にとれ、うま味が増し、塩分は自然に減らせると今話題の万能健康調味料が「トマトみそ」。2種類の作り方をご紹介しますので、とにかく一度作ってみてください。和洋中、どんな料理もおいしく健康的に一変します。【料理】古澤靖子
更新: 2018-09-05 23:54:37
トマトは、生で食べるよりも、熱を加えたほうが、甘みや旨みがグンと増します。しかも、単においしくなるだけでなく、焼くことによって、トマトに含まれるリコピンの吸収率が高まり、健康効果もアップ!焼きトマトの力で、19kg、16kgと大幅減量に成功した人も続出しているのです。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2018-01-18 17:37:07
トマトは、生で食べるよりも、加熱したほうが、甘みや旨みがグンと増します。しかも、単においしくなるだけでなく、焼くことによって、トマトに含まれる栄養リコピンの吸収率が高まり、健康効果もアップ!焼きトマトを上手に利用して、ダイエットに成功し大幅減量した人も続出しているようです。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2018-09-03 17:06:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt