MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

薄毛に関する記事

表示順:
OHBA式シャンプーは、刺激も少なく髪の栄養がしっかりと届くため、抜け毛は少なくなるはずです。続けていると、薄くてペラペラだった頭皮が厚みを増し、髪もしっかりしてきます。ぜひ、ご自身の頭皮を慈しみながら、触れてみてください。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
更新: 2018-09-16 18:00:00
頭頂部だけは、手を触れないと、いくら顔をしかめても、頭を振っても、動かないのがわかります。だからそこ、普段、あたりまえのように頭皮に直接触れているシャンプータイムを、頭皮全体に血流を巡らせ、老廃物を流してあげる時間にするのです。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
更新: 2018-09-16 18:00:00
近年、中高年や高齢者だけでなく、子どもや若い世代にも抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきました。大きな原因は、免疫力(病気に抵抗する力)の低下です。そこで私が抜け毛や薄毛対策に患者さんに勧めているのが「きな粉シャンプー」です。【解説】永峯由紀子(永峯クリニック銀座院長)
更新: 2018-08-13 12:32:36
はちみつとシナモンは、万病に効くばかりか、やせて美しくなる最強の組み合わせです。混ぜてペロッとなめても、お湯で割って飲んでもOK。簡単でおいしい若返りの妙薬、はちみつシナモンの驚くべき効果を紹介します。【解説】森田知恵(MOE)(国際医療スペシャリスト)
更新: 2018-09-08 20:35:53
女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると薄毛になったり白髪が増えたりします。内科医としての知識を生かして実践してきた手軽にできるセルフケアのお話しをします。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2018-09-11 13:44:20
お湯だけ洗髪の最大のメリットは、とにかくらくで気持ちがいいことです。シャンプーをスパッとやめることに抵抗があるのならば、シャンプーの回数を減らすとよいでしょう。何より、お湯だけ洗髪の快適さ、気持ちよさを、知っていただきたいと思います。【解説】山口麻子(白金ビューティフルエイジングクリニック院長)
更新: 2018-09-03 13:11:03
皆さんは、「ハゲや薄毛の原因は毛穴の汚れ」という宣伝文句を耳にしたことがあるでしょう。実はこれは、完全な迷信なのです。皮膚科医としてお勧めしている方法があります。それは、お湯だけで洗髪することです。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長・慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師)
更新: 2018-04-22 20:00:00
あずきを配合した漢方薬「赤小豆湯」は、利尿効果が高いことで知られています。心臓病や腎臓病、脚気など、むくみが生じる病気全般に、昔からよく使われているのです。赤小豆湯の簡易版として、家庭で飲むのにお勧めしたいのが「あずきスープ」です。【解説】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)
更新: 2018-09-06 15:24:10
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2018-08-29 11:37:02
私の髪は、よみがえったのです。55歳で薄毛を自覚してからの10年間、私は、世間で「ハゲに効く」とされる、ありとあらゆる方法を試しました。しかし、薄毛を改善することはできませんでした。しかし、その後、私の髪の状態は大きく改善し始めます。その理由とは……。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)
更新: 2018-08-29 11:13:15

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt