医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血糖値を下げるに関する健康情報


【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)


【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

私がテレビ番組で紹介し、実際に常食している「酢キャベツ味噌汁」を紹介しましょう。酢キャベツをそのまま食べるのに飽きてしまい「味噌」に入れてみたのです。味噌は良質の発酵食品であり善玉菌の塊です。味噌汁に酢キャベツを加えれば、これ以上の腸内環境改善食はありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)


年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

食事の際の炭水化物を減らしてみましたが、あまり効果がありません。思いもかけず効果を上げたのが、「ゴーヤ茶」でした。しだいに高くなる血糖値が気になっていたので、正常化してほんとうによかったと思います。もともとはガン予防のために始めたゴーヤ茶が、血糖値を下げるのにこんなにも役立ちました。【体験談】増田とく子(主婦・73歳)


私の血糖値をどんどん下げたツボ「太ももの1点押し」の効果

私の血糖値をどんどん下げたツボ「太ももの1点押し」の効果

なんとか数値を下げなければと必死だったので、太ももの1点押しに加えて、食事にも配慮するようにしました。すると血糖値がどんどん下がり始め、ついに正常値になったのです。もっとも治療薬を飲んだうえでの数値ですが、以前は薬を飲んでいるのにどんどん上がっていたのですから大きな進歩だと思います。【体験談】田宮伸治(会社員・45歳)


【オクラ水とは】作り方と効果効能 動脈硬化やひざ痛を改善

【オクラ水とは】作り方と効果効能 動脈硬化やひざ痛を改善

オクラ水は血流改善に絶大な効果を発揮します。特に動脈硬化の改善効果があります。当院は整形外科なので、オクラ水を勧めるのは腰やひざなどの痛みに悩む患者さんが主です。ところが、オクラ水を実践すると痛みの改善のみならず、血圧や血糖値、血中コレステロール値も下がる人がたくさんいます。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り 髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り 髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


生活習慣病対策に1日6杯の「ショウガ緑茶」基本の作り方と飲み方

生活習慣病対策に1日6杯の「ショウガ緑茶」基本の作り方と飲み方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


【医学博士が解説】ショウガ緑茶の効果効能

【医学博士が解説】ショウガ緑茶の効果効能

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


血糖値が下がり、膝痛が改善したのは「オクラ水」のおかげ

血糖値が下がり、膝痛が改善したのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

【体験談】かかと落としダイエットの効果 血糖値が下がりコレステロール値も正常値

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


血糖値、血圧がたちまち降下!動脈硬化を退ける旨ヘルシー「オクラ」レシピ(2)

血糖値、血圧がたちまち降下!動脈硬化を退ける旨ヘルシー「オクラ」レシピ(2)

(1)に引き続き、「オクラ水」で漬けたあとの、オクラを使った料理をご紹介します。どれも、パパッとできる簡単なお勧めレシピです。オクラ水とセットで、ぜひチャレンジしてみてください。【料理】ほりえさわこ(料理研究家)


【血糖値 HbA1cを下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下

【血糖値 HbA1cを下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下

2年前の春頃のことです。体重がぐんぐん減り始め、86kgあった体重が、3ヵ月で10kgも落ちてしまいました。「がんではないか」と心配になり、いつもお世話になっている、宇佐見啓治先生に診ていただきました。そのときの血液検査で、ヘモグロビンA1cが9・5%もあることがわかったのです。【体験談】塩田幸雄(無職・83歳)


【スロージョギング】室内でもOK 糖尿病の血糖値を下げ うつ病にも効果あり

【スロージョギング】室内でもOK 糖尿病の血糖値を下げ うつ病にも効果あり

突然ですが、ジョギングはお好きですか? 嫌いな人がほとんどかもしれません。ジョギングは疲れるし、苦しい。そう思っているようでしたら、それは走るペースが速すぎるのです。私の提唱する「スロージョギング」なら、そんなことはありません。【解説】田中宏暁(福岡大学スポーツ科学部運動生理学研究室教授・医学博士)


【疲労回復のツボ】腎臓の揉み方が分かる "腎臓マッサージ" で全身の疲れを取る

【疲労回復のツボ】腎臓の揉み方が分かる "腎臓マッサージ" で全身の疲れを取る

腎臓が疲れて働けなくなると、老廃物が排出されずに血液に残るため、ドロドロの血液になります。ドロドロの血液を全身に送り出すために、血圧は必然的に上がります。そこで、セルフケアとして考案し、勧めているのが「腎マッサージ」です。【解説】寺林陽介(六本木・寺林治療院院長)


【シナモンの効能効果 】血圧を下げる摂取量の目安と摂り方

【シナモンの効能効果 】血圧を下げる摂取量の目安と摂り方

シナモン(桂皮)には毛細血管の老化や障害を抑制する作用があります。血圧や血糖値を下げる効果も期待できます。内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併しているメタボの方にお勧めです。ただし取りすぎは禁物。摂取量は1日10g以上は取らないようにしてください。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


【オクラの効果 発揮レシピ】血糖値や血圧の改善に 血管の若返りレシピ(1)

【オクラの効果 発揮レシピ】血糖値や血圧の改善に 血管の若返りレシピ(1)

オクラを一晩漬けた水を飲む「オクラ水」が話題です。オクラから抽出されたネバネバ成分は、血中の糖分や脂肪分を包み込み、サラサラ血液の維持に役立ちます。オクラ水で漬けたオクラは、料理に活用しましょう。今回は、オクラを使った多彩なレシピをご紹介します。オクラ水とセットで、ぜひお試しください!【料理】ほりえさわこ(料理研究家)


【玉ねぎヨーグルト】の効果と作り方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

【玉ねぎヨーグルト】の効果と作り方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

腸内の善玉菌(痩せ菌)を増やし、悪玉菌(デブ菌)を減らす方法として、私は発酵食品と食物繊維の組み合わせをお勧めしてきました。タマネギヨーグルトも、発酵食品であるヨーグルトと食物繊維が豊富な玉ねぎで作ります。この組み合わせは最強なのです。【解説】藤田紘一郎(医学博士・東京医科歯科大学名誉教授) 


【糖質制限食】血糖値を上げずにお酒を楽しむ お勧め居酒屋メニューはコレ

【糖質制限食】血糖値を上げずにお酒を楽しむ お勧め居酒屋メニューはコレ

糖質制限食では、お酒は飲んでも構いません。アルコールは高カロリーですが、これはエンプティカロリーといって、体内ですぐに燃焼されます。血糖値を上げるのは、カロリーではなく糖質です。アメリカ糖尿病学会でも、「アルコールは血糖値を上げることはない」としています。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)