MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

難聴に関する記事

表示順:
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。【解説】三宅さやか(はり治療院睛聴院長)
噛み合わせがズレたままの顎で食べ物を噛むたび、衝撃が耳に伝わります。それがくり返される結果、噛みグセのある側に耳鳴りや難聴が起こるようになるのです。こうした状態が悪化すれば、内耳の三半規管にも悪影響を及ぼし、めまいも起こってきます。【解説】玉川秀泰(永覚歯科クリニック院長・日本生体咬合研究所副所長)
栄養状態を良好に保つことは、加齢性難聴を中心とした耳の病気の発症に大きくかかわるだけでなく、症状を改善に導くために欠かせません。私がまず勧めているのは、大豆食品や卵です。大豆や卵黄には、レシチンというリン脂質の一種が豊富に含まれています。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
高齢の患者さんのなかには、耳鳴りや難聴をはじめとする耳の不調を訴えるかたが少なくありません。そんな耳鳴り・難聴に悩まされている人にセルフケアとしてお勧めしたいのが、手の甲にあるツボ・合谷への指圧です。【解説】松浦聡(コンチェルトはりきゅう院院長)
加齢による聴力の低下、いわゆる加齢性難聴は、何十年もかけて、とてもゆっくりと進行します。このため、本人はなかなか気付きません。しかし、放置していれば、耳の状態は日々悪化していくことになります。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授・国立長寿医療研究センター客員研究員)
「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)
肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長)
顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)