動脈硬化に関する健康情報


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【ダイエット効果】2~3kg簡単痩せ「レモン白湯」の作り方と飲み方

【ダイエット効果】2~3kg簡単痩せ「レモン白湯」の作り方と飲み方

白湯やレモン白湯を飲むことを習慣にすると、ほとんどの人が自然に1カ月で2~3㎏はやせます。これは、胃腸の消化力が上がり、体内にたまった毒素や老廃物が排泄されていくためです。便秘やむくみも解消します。さらに、白湯やレモン白湯を飲み続けることで、太りにくくなります。【解説】蓮村誠(青山プライムクリニック院長)


【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

【高血圧】体がかたい人は血管もかたい?動脈硬化を改善する「血管ストレッチ」

私たちの体を構成する器官のうち、その多くは、加齢によって一度衰えてしまえば若返ることはできません。しかし、なかには例外もあります。適切な方法を用ることで、衰えを防ぎ若返らせることができる器官の一つが、血管です。【解説】家光素行(立命館大学スポーツ健康科学部教授・医学博士)


【動脈硬化の原因】体内では「静電気」による落雷が起こっていた 溜まるとどんな症状が出る?除去方法は?

【動脈硬化の原因】体内では「静電気」による落雷が起こっていた 溜まるとどんな症状が出る?除去方法は?

「ピカッ」と落ちてくる落雷とほとんど同じ現象が、私たちの体の中でも起こっているのです。この雷の正体とは実は「静電気」です。例えば、血流が血管壁をこすったり、赤血球と白血球がぶつかり合ったりする、あるいは呼吸をすれば気管内で、ものを食べれば消化管内で摩擦が生じて起こります。【解説】堀泰典(医学博士・歯学博士・薬学博士)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「素煎りピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「素煎りピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

野菜の食べ方として、皆さんがまず思い浮かべるのは、サラダではないでしょうか。しかし、私は野菜を生で食べるより、調理して食べることをお勧めします。 そして、なにより私が調理して食べることを強くお勧めしたい野菜が、トマトです。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部教授) 


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

タマネギをとると、平肝作用により、気がスムーズに流れます。頭に上った気が下がるので、血液の流れもよくなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった、血液に関連した生活習慣病が改善に導かれます。【解説】三浦於菟(東邦大学医療センター大森病院東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


【高血圧の症状改善】愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌を高めるツボと呼吸法

【高血圧の症状改善】愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌を高めるツボと呼吸法

高血圧は、多くの場合、自覚症状がないため、本人が気づかないうちに悪化するものです。高血圧の状態が長く続くと、血管に持続的な圧力がかかり、脳、心臓、腎臓といった血管の動脈硬化を進行させます。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

鏡で、耳たぶを見てみてください。耳たぶには、体の貴重な健康情報が隠されています。その情報を示すのは、耳たぶの大きさや形ではなく「耳たぶのシワ」です。チェックして、シワがあったら要注意。それは、動脈硬化のサイン(フランク兆候)と考えられるからです。【解説】重松宏(山王メディカルセンター・血管外科統括部長)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

「1日1杯のコンブ水が歯や骨を丈夫にします」というと「カルシウムを十分にとっているからコンブ水なんて必要ない」と思う人がいるでしょう。しかし、その考えは大きな誤りです。世界の歯科学会では「歯周病は感染症ではない」という新しい理論が支持され、新常識になりつつあります。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長・歯学博士)


【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

医学界・科学界では「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。しかし、私が行った実験で、その定説を覆す実験データが出ました。ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合心療内科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)