【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

私は血糖値ダイアリーをつけています。以前の私は、食後に頭がぼんやりしたり、だるくなったり、仕事の合間に仮眠をとることもしょっちゅうでした。食後高血糖を疑い、食後の血糖値を測ってみました。すると、300mg/dlを超えることもあるなど、重度の糖尿病並みの数値でした。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)


【シナモンとは】実は漢方薬の「桂皮」と同じもの ゴースト血管の回復や血圧を下げる効果

【シナモンとは】実は漢方薬の「桂皮」と同じもの ゴースト血管の回復や血圧を下げる効果

毛細血管が消えていく「ゴースト化」を防ぎ、回復を促すために身近で効果的な食品はないだろうか。入手しやすく安全性の高い、数百種類の天然食品を調べました結果、いくつかの食品に、毛細血管を復活させる働きが認められました。そのうち、最も手軽に使えて高い効果があるのがシナモンです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【ダイエット】糖尿病・高血圧・メタボを改善する「蜂蜜シナモン」 月経困難症にも効果

【ダイエット】糖尿病・高血圧・メタボを改善する「蜂蜜シナモン」 月経困難症にも効果

シナモンとはちみつを組み合わせた「はちみつシナモン」を継続的に摂取すれば、糖尿病(Ⅱ型)、高血圧、脂質異常症の予防・改善に、大きな力を発揮してくれるはずです。特に期待できるのは、メタボの改善。実はシナモンだけでなく、はちみつもメタボ改善に役立つことがわかっています。【解説】平柳要(医学博士・食品医学研究所所長)


【ダイエット効果】生活習慣病の患者さんたちが2週間で2kg痩せ「酢生姜」とは 私自身も10kg減!

【ダイエット効果】生活習慣病の患者さんたちが2週間で2kg痩せ「酢生姜」とは 私自身も10kg減!

酢ショウガは、ダイエットにも抜群の効果を発揮します。当クリニックで高血圧や糖尿病など、生活習慣病の改善を目的に酢ショウガを食べている患者さんは、平均すると2週間で2kg程度やせています。酢ショウガが肥満解消に働きかけるメカニズムをご紹介しましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


心身の不調を表す“手相”は変えればいい!健康になる「手相マッサージ」のやり方

心身の不調を表す“手相”は変えればいい!健康になる「手相マッサージ」のやり方

手相を見ながら手相マッサージを行うことは、健康増進や病気の予防・改善に役立ちますので、ぜひ試してください。8つの「病気の手相」が現れたときも、該当の場所に手相マッサージをしてください。もみほぐし続けると、不健康の相が薄くなり、やがて消えて、体調が回復します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病の予防・改善】トマトの栄養リコピンと味噌のコンビは合併症を防ぐ食べ物

【糖尿病の予防・改善】トマトの栄養リコピンと味噌のコンビは合併症を防ぐ食べ物

私は糖尿病の専門医として、1日の摂取糖質量を150g以内に抑える糖質制限食の実践に加え、トマトとみそを積極的にとることを勧めていて、ヘモグロビンA1c(1~2カ月以内の血糖状態を示す指標)の改善に高い効果を上げています。 【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


【トマト味噌 基本の作り方】トマトのリコピンと味噌のメラノイジン 抗酸化物質のW効果

【トマト味噌 基本の作り方】トマトのリコピンと味噌のメラノイジン 抗酸化物質のW効果

トマトに含まれる「リコピン」とみそに豊富な「メラノイジン」という抗酸化物質が同時にとれ、うま味が増し、塩分は自然に減らせると今話題の万能健康調味料が「トマトみそ」。2種類の作り方をご紹介しますので、とにかく一度作ってみてください。和洋中、どんな料理もおいしく健康的に一変します。【料理】古澤靖子


【アディポネクチンは痩せるホルモン】トマト味噌レシピは糖尿病を改善する効果あり

【アディポネクチンは痩せるホルモン】トマト味噌レシピは糖尿病を改善する効果あり

糖尿病の予防・改善にオススメな「トマトみそ」をご紹介します。トマトのうま味成分である「グルタミン酸」の働きでうま味が増し、自然な減塩ができることから、高血圧のかたにもピッタリ。抗酸化作用のあるリコピンやメラノイジンは熱に強く、加熱しても効果は落ちません。ぜひ継続して取り続けてください。【料理】古澤靖子


【歯周病の改善】歯周病は感染症ではなかった?原因は“食事の内容” 海藻や亜麻仁油がお勧め

【歯周病の改善】歯周病は感染症ではなかった?原因は“食事の内容” 海藻や亜麻仁油がお勧め

皆さんは、「歯周病は歯周病菌による感染症」だと思っていませんか。皆さんだけでなく、歯科医師も、大半がそう考えていると思います。しかしその常識が、今、ぬり替えられようとしています。アメリカの歯周病学会は、すでに「歯周病は感染症にあらず」と正式に発表しています。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長)


【尿がくさい・臭う原因】慢性膀胱炎の可能性 予防には「温水便座を避ける」「排尿時の深呼吸」

【尿がくさい・臭う原因】慢性膀胱炎の可能性 予防には「温水便座を避ける」「排尿時の深呼吸」

尿がにおうのは、尿の成分である尿素が、排尿後に皮膚や空気中にいる細菌に触れて分解され、アンモニアを発生させるからです。ですから、健康な人では、排尿直後の尿はほとんどにおいません。60歳代という年齢から考えると、最も可能性が高いのは「慢性膀胱炎」です。【解説】二宮典子(女性医療クリニックLUNA心斎橋院長)


【糖尿病や三叉神経痛】ロキソニンやボルタレンが効かない痛みは神経の老化現象“漏れ”が原因

【糖尿病や三叉神経痛】ロキソニンやボルタレンが効かない痛みは神経の老化現象“漏れ”が原因

神経の老化が万病につながるということを、詳しく説明していきましょう。神経の老化現象が引き起こす症状は、大きく三つに分けられます。二つ目は、ミエリンが損傷した部分から電気信号が漏れ出して起こる症状です。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


血圧や血糖値を下げる【レモン酢の効果】正常値の人が飲んだら、どうなる?

血圧や血糖値を下げる【レモン酢の効果】正常値の人が飲んだら、どうなる?

最近、「レモン酢」というフルーツ酢が人気とのこと。酢の専門家である私から見ても、レモン酢は、酢の薬効を手軽に、そしておいしく取れる優れものといえます。酢には数多くの効能があり、その多くが科学的に証明されています。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


亀川寛大の【ゆるい糖質制限・糖質オフ】外食メニュー&コンビニ商品で血糖値ダイエット

亀川寛大の【ゆるい糖質制限・糖質オフ】外食メニュー&コンビニ商品で血糖値ダイエット

糖尿病の患者さんに、糖質オフ効果による「血糖値コントロールダイエット」を指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、外食やコンビニでも、食後血糖値を上げない(上がりにくい)メニューを、自分の体で調べてみました。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長・ラーメン先生)


【症状別】肌をつまんで血流アップ“整膚”のやり方(耳鳴り・めまい・糖尿病・高血圧)

【症状別】肌をつまんで血流アップ“整膚”のやり方(耳鳴り・めまい・糖尿病・高血圧)

肌つまみは、体の各部分の肌を軽くつまんで、気血の流れをよくする健康法で、誰でも簡単に行うことができます。基本的には、親指と人さし指の2本の指で、肌をつまみます。指の形は、机の上のボールペンを2本の指で持ち上げるときの形が理想です。症状別肌つまみのやり方をご紹介しましょう。 【解説】徐堅(整膚学園学長)