医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

下痢に関する健康情報


横腹の痛み・下痢が改善した!11円スリッパを履いてお通じが正常化

横腹の痛み・下痢が改善した!11円スリッパを履いてお通じが正常化

お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)


手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

規則的でスムーズな排便には、便にある程度のボリュームが必要です。ボリュームがあることで、腸が刺激されて、便意が生じて排泄できるからです。したがって、食物繊維の豊富な温野菜を、毎日たくさん摂取することも心がけたいものです。【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


難関ポイントは2つ!適期の青梅で作る「梅肉エキス」の作り方

難関ポイントは2つ!適期の青梅で作る「梅肉エキス」の作り方

私は梅肉エキスを40年間、作り続けています。試行錯誤と研究を重ね、薬効を最大限に引き出す製法にたどり着きました。今回、ご紹介するのはその最高峰のレシピです。このレシピには、難関ポイントが二つあります。一つは、青梅の選び方です。二つ目は下準備です。【指導】平田真知子(薬草コンサルタント)


【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる

【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる

私は、腸内洗浄の専門家として活動していますが、以前は偏食により下痢や便秘、鼻炎、アトピーなどの症状に悩まされていました。腸をきれいにする食生活に改善したことにより、驚きの変化が現れました。その食事の中で最も簡単に続けられたのが、みそ汁です。【解説】齊藤早苗(看護師、コロンハイドロセラピスト)


便秘・下痢・肌荒れ・頭痛も解消!日本人の腸にぴったりの「塩発酵キャベツ」

便秘・下痢・肌荒れ・頭痛も解消!日本人の腸にぴったりの「塩発酵キャベツ」

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、原因が特定できず、何を食べたらいいのかわからず、病との闘いにも疲れ果てていました。そして、最終的にたどり着いたのが発酵食品です。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化!

【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化!

私の勧める食養生は、高たんぱく・低糖質が基本です。ちゃんと食べているつもりでも、実は栄養が十分ではないことがあるのです。特に「たんぱく質不足」に陥っている場合が非常に多いのです。では、不足すると、どういったことが起こるのでしょうか。【解説】野村哲也(はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家)


【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

担当医から食事療法の補助食として勧められたのが、リコピンを効率的に摂取できる、トマトジュースでした。その後、トマトジュースを積極的に取るようにしたところ、以前は7.1%だったヘモグロビンA1cが、現在では5.9%まで下がるようになりました。【体験談】前田涼介(仮名・東京都・53歳・会社員)


【アーユルヴェーダ専門医】 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


冷たい牛乳の一気飲みは乳ガンや腸の病気を招く可能性が!?

冷たい牛乳の一気飲みは乳ガンや腸の病気を招く可能性が!?

牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。【解説者】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所所長)


【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「糀(こうじ)水」の作り方

【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「糀(こうじ)水」の作り方

糀(こうじ)水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。また「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです。【解説】山﨑京子(山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ)


【医師解説】グルテンアレルギーの改善の鍵「小麦断ち」

【医師解説】グルテンアレルギーの改善の鍵「小麦断ち」

ジョコビッチ選手はプロテニスプレーヤーとなったあとに、「グルテン不耐症」であることが判明。小麦を含む食品を抜くことで動きが格段によくなり、体力・集中力・気力が増強されたそうです。私はこれを読んで、私は最近ふえている患者さんの症状は、小麦が原因ではないかと思ったのです。【解説者】堀田忠弘(堀田医院院長)


【オクラの効能】血管のサビを取り血糖値を下げる効果!

【オクラの効能】血管のサビを取り血糖値を下げる効果!

オクラを切ったときに出てくるネバネバの正体は、ムチンやペクチンといった水溶性食物繊維です。余分な糖分を包み込み、体外へ排出する作用があります。糖分の吸収が抑えられるので、急激な血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病や高血圧の改善効果が期待できるでしょう。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長) 


高かった血圧が下がった!「干しブドウ酢」の体験談

高かった血圧が下がった!「干しブドウ酢」の体験談

現在74歳になる夫が降圧剤を飲むようになったのは、30年くらい前からです。最初は軽い薬でも効いていたのですが、年齢とともに効きにくくなり、薬を強くしても最大血圧は140㎜台。体調の悪いときは165㎜まで上がったこともありました。【体験談】主婦・68歳 力丸教子


アトピー対策にも!アレルギーが改善する「解毒スープ」の作り方

アトピー対策にも!アレルギーが改善する「解毒スープ」の作り方

解毒スープは、さまざまな症状に効果的です。特にアトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などのアレルギーで悩む方は、ぜひ試してください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)