医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

メニエール病に関する健康情報


メニエール病は真面目タイプがなりやすい?  頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

メニエール病は真面目タイプがなりやすい? 頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

患者さんに増えているのが気が滞って不調になっているケース。どこで流れが悪くなっているかといえば「頭」です。体より頭(脳)を使うことが増えたからでしょう。体を動かさず、延々と考え事をしたり、スマートフォンやパソコンを長時間使うことが原因なのです。【解説】鳴海理恵(鍼灸・あん摩マッサージ指圧師、VE&BI治療院院長)


梅干し 生姜 緑茶の効果 メニエール病の症状改善に

梅干し 生姜 緑茶の効果 メニエール病の症状改善に

患者さんと雑談する中で梅ショウガ茶を飲んで良性発作性頭位めまい症が治ったと効いたのです。これは頭の位置が変化することで、回転性のめまいが短い時間生じる症状です。なぜめまいに効くのかを私なりに考察したところ、その成分はメニエール病などにも有効だろうと結論に達しました。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。しかし、それは誤診です。メニエール病に似た症状を持つめまいの病気があるのです。【解説】高橋正紘(めまいメニエール病センター院長)


【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【体験談】「めまい」がふくらはぎマッサージで改善!

【体験談】「めまい」がふくらはぎマッサージで改善!

体や頭がフワフワと浮いているような、浮動性のめまいを発症するようになったのは、半年ほど前からです。最初のころは、寝た状態から起き上がったときに、そうした感覚に襲われていました。そのうち、急に体を動かしたときにもめまいが起こり、その浮遊感がしばらく続くようになったのです。【体験談】埼玉県◎40歳◎会社員 大石悦子(仮名)


メニエール病のめまいに効果がある「20秒の耳たぶさすり」

メニエール病のめまいに効果がある「20秒の耳たぶさすり」

昨今、耳鳴りや難聴の症状にお悩みのかたが多くなっています。私の治療院にも、連日、耳の不調を抱えた多くの患者さんが来院されますが、その大半が病院で診てもらったものの改善しなかったかたがたです。【解説】武智大輔(たけちはり灸院院長)


しつこいめまいが大改善!「寝返り体操」の体験談

しつこいめまいが大改善!「寝返り体操」の体験談

朝、布団から起き上がろうとした瞬間、急に頭がフラフラとしました。メニエール病になったときも、めまいに悩まされましたが、そのときとは違いました。以前は、目の前がグルグルと回るような回転性のめまいでしたが、今回は、地震のように地面がグラグラと揺れるような感じだったのです。【体験談】福島県◎73歳◎主婦 富永和美(仮名)


【耳鳴りの治し方】難聴、めまいにも効果 リンパの流れをよくするセルフケア

【耳鳴りの治し方】難聴、めまいにも効果 リンパの流れをよくするセルフケア

私の治療院には、突発性難聴に悩む患者さんが、たくさん訪れます。突発性難聴というのは原因不明の病気で、ある日突然に明らかな原因もなく、通常、片側の耳が聴こえなくなる病気です。【解説】藤井德治(一掌堂治療院院長)


【頭位めまい症】は自分で治せる!専門医が考案「寝返り体操」のやり方

【頭位めまい症】は自分で治せる!専門医が考案「寝返り体操」のやり方

良性発作性頭位めまい症は、ぐるぐる回る回転性、もしくは、ぐらぐら・ふわふわする動揺性のめまいが特徴です。女性、特に高齢者に多いのも特徴ですが、若い人に無縁という訳ではありません。サッカー女子元日本代表の澤穂希さんがかかった病気として知られています。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学教授)


耳鳴りや突発性難聴に【水飲み療法】 急性低音障害型感音難聴にも効果

耳鳴りや突発性難聴に【水飲み療法】 急性低音障害型感音難聴にも効果

私の治療院では、難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して、水飲み療法を勧めています。効果が顕著に現れるのは、低音型の難聴(突発性も含む)やメニエール病など、内リンパ水腫に要因がある病気です。ほかに、急性音響性難聴にも効いたケースがありました。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法一掌堂治療院院長)


【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。爪の生え際を指でつまんで、ツボを刺激するだけで、「メニエール病のめまいが改善した」「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)


「水飲み療法」で自力治療!耳閉感・高音やピーピーという耳鳴りが改善!

「水飲み療法」で自力治療!耳閉感・高音やピーピーという耳鳴りが改善!

昨年の8月半ば、夏カゼをひき、4〜5日体調をくずしたことがありました。発熱して寝ていたところ、両耳に空気がたまっているような感じになったのです。それとともに、原因不明の耳鳴りが始まりました。遠くで救急車のサイレンのような音が、けたたましく鳴っている感じでした【体験談】蟹江千鶴(神奈川県●主婦●49歳)


【イソバイドに似た効果】メニエール病に良い食べ物は"夜のビール"と"朝の豆乳"

【イソバイドに似た効果】メニエール病に良い食べ物は"夜のビール"と"朝の豆乳"

メニエール病のめまいや耳鳴りの症状の改善にお勧めしたい食材は、ビールと豆乳です。なぜこの食品がメニエール病の改善、再発予防によいのか。ビールは、メニエール病の治療薬・イソバイドという利尿剤と同様の効果が期待できるからです。即効性があるのも特長です。【解説】二木隆(二木・深谷耳鼻咽喉科医院・めまいクリニック理事長)


メニエール病、更年期障害に特効 平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

メニエール病、更年期障害に特効 平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)