MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

偏頭痛に関する記事

表示順:
2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)
更新: 2019-02-16 18:00:00
私は30歳のころから、突然、片頭痛に悩まされるようになりました。生理が始まる1〜2日前になると、頭痛がし始めるのです。痛むのは、こめかみの辺りか、首の後ろでした。まるで先のとがった物でグサッ、グサッと一定のテンポで刺されているかのように、ズキン、ズキンと激しく痛みます。【体験談】藤田美佳(仮名・51歳・自営業)
更新: 2018-09-10 17:26:06
私は、10年ほど前から、頭痛に悩まされるようになりました。それまでなんともなかったのに、生理中やその前後に、突然、起こるようになったのです。側頭部や頭全体がズキンズキンと脈打つようで、ひどいときには目の奥まで痛み、吐き気がすることもありました。【体験談】上野尚子(50歳・パートタイマー)
更新: 2018-09-10 17:48:08
頭痛が起こると、なかなか我慢できずに鎮痛剤に頼ってしまいがちです。しかし、薬で病気は根治できません。どうして自分の頭痛が起こっているのか、原因を把握し、起こらないように対処することが大事です。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)
更新: 2018-09-05 22:38:20
頭痛を訴える患者さんは、首や肩周りの筋肉がひどくこっています。首が前に出て肩や背中が丸まった悪い姿勢が原因です。筋肉が緊張し頭部へと通じる血管や神経が圧迫されて起こるのです。個人の見解ですが、慢性頭痛の原因は、脳への酸素と血流不足ではないかと思っています。【解説】立林幸汰(徳永接骨院・淵野辺院院長)
更新: 2018-06-16 16:30:00
突然、目の前にチカチカとした動く光が見え、しばらくの間、部分的にものが見えなくなる。こんな経験のある人はいませんか。これは「閃輝暗点」と呼ばれる症状で、片頭痛(偏頭痛)の前触れ、そして脳梗塞の前兆として起こります。【解説】喜多村孝幸(日本医科大学武蔵小杉病院・脳神経外科部長)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2018-07-04 11:30:42
「嚙みしめぐせ」自体は無意識にしていることでもあり、矯正するのは難しいのですが、それによるトラブルを緩和する方法があります。それが今回ご紹介する「耳たぶ回し」です。これは耳たぶをひっぱって回すことで過度に緊張しているあご周辺や側頭部の筋肉をほぐす方法です。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)
更新: 2018-08-28 15:55:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt