10kgダイエットに関する健康情報


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


【血圧が下がった理由】朝食をトマトにしたら正常値に 10kgダイエットできた体験談

【血圧が下がった理由】朝食をトマトにしたら正常値に 10kgダイエットできた体験談

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【簡単ダイエット】"太学功ストレッチ" で楽に10kg痩せる人が続出 便秘も解消

【簡単ダイエット】"太学功ストレッチ" で楽に10kg痩せる人が続出 便秘も解消

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【そばの実の食べ方】ダイエットのやり方 ロシア流「蕎麦の実料理」はこれ!

【そばの実の食べ方】ダイエットのやり方 ロシア流「蕎麦の実料理」はこれ!

そばの実は、栄養的に非常に優れています。有名なのは、血液をサラサラにするルチンという成分が入っていることでしょう。そのほか、アミノ酸やビタミンB群も豊富。血糖値を上げにくく、栄養価が高いので、旧・ソ連時代には、国が糖尿病患者に無料で配給していたほどです。【解説】ラヴローワ・タチアナ(ロシア料理研究家)


【動画あり】55歳 5人の子持ちでウエスト58cm!秘密は「膣を締める」エクササイズ

【動画あり】55歳 5人の子持ちでウエスト58cm!秘密は「膣を締める」エクササイズ

ペタンコのおなか、キュッと上がったお尻、しなやかにくびれたウエスト、スラリとした美脚。誰もがうらやむ体形のYUKAさんですが、35歳までは、がっしりとした肉付きのよい体だったそうです。それが「膣を締める」ことで理想の体形を実現したそうです。【レポート】『安心』編集部


目標65kg!【野菜スープダイエット】の効果 頑固な便秘が解消して20kgやせた!

目標65kg!【野菜スープダイエット】の効果 頑固な便秘が解消して20kgやせた!

昔から食べることが大好きだったことに加え、その頃、お付き合いしていたかたが、太った女性が好みだったのです。ですから太ることを気にせず、好きなものを好きなだけ、食べたり飲んだりしていました。一昨年の初夏、私は彼とお別れしました。そのとき、わが身を振り返って愕然としました。【体験談】松本藍子(仮名・会社員・28歳)


【医師の体験談】自ら20kgやせ脂肪肝を克服 ダイエットの秘訣は「野菜スープ」

【医師の体験談】自ら20kgやせ脂肪肝を克服 ダイエットの秘訣は「野菜スープ」

近年、注目されているのが、お酒をそれほど飲まない人にも見られる、非アルコール性の脂肪肝です。脂肪肝から肝炎、ひいては肝硬変、肝がんにならないようにするためには、できるだけ早く食生活を見直し、肥満を改善することが重要です。とはいえ、肥満の改善はなかなか簡単にはいきません。【解説】川西輝明(肝臓クリニック札幌院長)


【医師解説】リバウンドを繰り返す人も楽にやせる「昼ヨーグルト」ダイエット

【医師解説】リバウンドを繰り返す人も楽にやせる「昼ヨーグルト」ダイエット

ダイエットの大敵は、ストレスです。我慢や制限の多いダイエットは長続きせず、リバウンドする危険性が高くなります。ストレスを制する者は、ダイエットも制するのです。私が15㎏もの減量を達成できたのも、ストレスなく続けられる昼ヨーグルトダイエットによるところ、大です。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【宿便ダイエット】週一プチ断食で宿便解消! 10kgやせる 糖尿病や高血圧にも効果

【宿便ダイエット】週一プチ断食で宿便解消! 10kgやせる 糖尿病や高血圧にも効果

私がご紹介するのは「週1断食」です。これは「断食に関心はあるけれど、経験したことはない」という初心者のかたに、特にお勧めの方法です。【解説者】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【MCTオイルとは?】ケトン体ダイエットのやり方と効能効果、お勧めの使い方を医師が解説

【MCTオイルとは?】ケトン体ダイエットのやり方と効能効果、お勧めの使い方を医師が解説

私は、2013年7月から「MCTオイル」ダイエットを始めました。私なりにMCTオイルを研究し、理論上のレシピが実行可能か、自分の体で試してみることにしたのです。その結果、82kgあった体重は5カ月で18kg落ちて、64kgになりました(身長は165cm)。【解説】畠山昌樹(医師)


【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)


血圧が下がった秘密は【小松菜ジュースでダイエット】肝機能値も基準値に改善

血圧が下がった秘密は【小松菜ジュースでダイエット】肝機能値も基準値に改善

私は血圧が高く、最大血圧が180ミリもありました。その血圧が130ミリまで下がり、安定したのです。また、高かった肝機能値も1ヵ月で基準値まで下がりました。これは、コマツナジュースを毎日飲んで、26kgのダイエットに成功したことが要因です。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

私が「神門」という耳のツボを知ったのは、飯島敬一先生(NPO法人生活習慣病予防学術委員会理事)が主催する「神門メソッド」の体験会です。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


肥満医師の血圧が下がった秘密は「一口チョコレート」

肥満医師の血圧が下がった秘密は「一口チョコレート」

私のダイエット前後の写真を比べてもらえればわかりますが、まるで別人です。人からは15歳若返ったといわれます。ダイエットの成功によって、高血圧も改善しました。最大血圧は110〜120ミリ台に、最小血圧が80ミリ台に下がりました。脂肪肝や多血症もよくなりました。【解説】牧 聡(医療法人牧和会牧病院院長・理事長)


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


体験談【足首の痛み】が「足の中指回し」で解消 膝の痛みも取れて正座ができる

体験談【足首の痛み】が「足の中指回し」で解消 膝の痛みも取れて正座ができる

「足首が痛い!」庭で石につまずいて、左足をひねってしまいました。くるぶしの辺りが腫れて痛みましたが、「そのうち治る」と病院には行かず、湿布を貼っておきました。ところが、いくら経っても腫れは引かず、動かすと痛い状態が続いたのです。【体験談】長崎県◎70歳◎無職 佐々木純子


【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)


私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私の周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。「フルーツ酵素ジュース」は、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。【解説】睦美(ATTIVAローフードスクール校長・酵素研究家) 


【医師実践】キャベツダイエットで楽にやせ、お腹の脂肪も取れた! 不眠症、不整脈も治った

【医師実践】キャベツダイエットで楽にやせ、お腹の脂肪も取れた! 不眠症、不整脈も治った

私は、最初に雑誌の『壮快』の特集記事でキャベツダイエットを知りました。キャベツという食物繊維が豊富な野菜をよくかむことによって、脳が感じる満腹感を利用し、食事の量をコントロールするという方法に共感しました。【解説】蘆原紀昭(元恒進會病院院長・加圧治療院院長) 


【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。【解説】寺師義典(寺師医院院長)