爪もみに関する健康情報


【根治を目指す】腸の難病を克服した医師が勧めるセルフケア3ステップ 患者約100名が薬をやめられた!

【根治を目指す】腸の難病を克服した医師が勧めるセルフケア3ステップ 患者約100名が薬をやめられた!

私が目指したのは、薬で症状をおさえ込むのではなく、本来の意味での根治でした。さまざまな試行錯誤の結果、私は薬をやめても潰瘍性大腸炎の症状が再発しない状態にこぎつけることができました。以来、この年まで一度も症状が出ていません。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

お勧めしたいのが爪もみです。爪もみは自分で簡単に、安全に自律神経の調整効果を引き出せる治療法です。患者さんにも全員にやらせていますが、早期に爪もみを開始し、積極的に体を温めながら血流の回復を図った人は、1ヵ月後くらいから髪も生えるようです。【解説】永野剛造(日本自律神経免疫治療研究会会長・永野医院院長)


赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

指先には、神経とともに毛細血管が集中しています。爪もみをすると、この毛細血管が刺激されて、指先、そして全身の血流がよくなります。それによって、頭のほうにのぼっていた熱気や血液が下がり、頭寒足熱という理想的な状態になるのです。【解説】鳴海理恵(気血免疫療法会・VE&BI治療院院長)


【口腔がんのリハビリ】お勧めは入浴中の「口笛」と「爪もみ」人口唾液も不要に!

【口腔がんのリハビリ】お勧めは入浴中の「口笛」と「爪もみ」人口唾液も不要に!

おふろで口笛を吹きながら爪もみをする方法は、ガンだけではなく、多くの健康効果が期待できるものです。ですから最近は、私は多くの患者さんに、この方法を勧めています。【解説】小川優(アスティ歯科クリニック院長)


【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

「やりすぎると害はある?」「薬指はもんでいいの?」爪もみの疑問にズバリ回答!爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【自律神経失調症とは】原因と症状に特効 自分で治せる「爪もみ」療法のやり方

【自律神経失調症とは】原因と症状に特効 自分で治せる「爪もみ」療法のやり方

自律神経失調症とは、一般的な病気や症状の概念に当てはまらない、不定愁訴のことを指します。つまり、医師では判断がつかない症状に対し「自律神経の乱れが原因」として便宜的にこの診断名がつけられるわけです。正体不明なので、医師は、患者さんに対して治療根拠の乏しい、さまざまな薬を処方します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

私の医院には、円形脱毛や若ハゲを含む、重症の脱毛症に悩む患者さんが多く訪れます。わたしはそうした患者さんたちのセルフケアに脱毛症・薄毛に効く「爪もみ」をすすめています。自律神経を整え、末梢の血流をよくし、発毛を促進する「爪もみ」のやり方をご紹介します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。爪の生え際を指でつまんで、ツボを刺激するだけで、「メニエール病のめまいが改善した」「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)


【ツボで視力を回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要に

【ツボで視力を回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要に

スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ


【ツボ】視力が回復する方法「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

【ツボ】視力が回復する方法「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。ピント合わせに余計な力がかかり、毛様体筋も徐々に疲労・緊張していき、視力の低下を招いてしまいます。そこで、お勧めしたいのが「爪もみ」です。交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【簡単】抜け毛、白髪、細毛の対策に著効!医師が勧める「爪もみ」療法

【簡単】抜け毛、白髪、細毛の対策に著効!医師が勧める「爪もみ」療法

自律神経のバランスを整えるためにお勧めしたいのが、「爪もみ」です。爪もみは、手足の爪の生え際にある井穴というツボを、指で刺激する健康法です。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経病研究会理事長)