MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

爪もみの効果に関する記事

表示順:
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ
近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。ピント合わせに余計な力がかかり、毛様体筋も徐々に疲労・緊張していき、視力の低下を招いてしまいます。そこで、お勧めしたいのが「爪もみ」です。交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt