MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

シワに関する記事

表示順:
炭酸水で血流がアップするのなら、炭酸水で洗顔すれば、美肌づくりに役立つのでは。さらにその炭酸水を安く手作りできたなら、毎日気軽に使えてより美容効果が上がるはず、と考えました。重曹もクエン酸も食品添加物として使われるほど安全な成分でスーパーなどで安価に購入できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2019-02-21 09:46:08
足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2018-10-07 07:00:00
「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)
更新: 2018-10-06 18:00:00
多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)
更新: 2018-09-09 00:58:26
表情グセを正して、使っている筋肉と使っていない筋肉の差をなくし、シワやたるみを解消するのが顔ヨガです。たるみを取り除く外科的な手術もありますが、顔の動かし方が変わらなければ、また同じところにたるみが出てきます。【解説】間々田佳子(顔アスリート)
更新: 2018-09-04 17:10:37
1回10秒! 表情グセを正して顔のたるみ、ほうれい線、シワを取る「顔ヨガ」をご紹介します。顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。早ければ1~2週間で変わり始めます。ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。【解説】間々田佳子(顔アスリート)
更新: 2018-09-04 17:13:20
「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)
更新: 2018-09-04 17:55:44
私はヘアメイクアーティストという仕事柄、美容法については敏感です。興味を引く話題があれば、自分でもすぐに試します。そんな私の最近のヒットが、バナナの皮を使ったマッサージです。【体験談】千歳佳代子(ヘアメイクアーティスト)
更新: 2018-09-25 14:15:10
日本では「食べ物を粗末にしてはいけない」という考え方があるので、食材を美容のために使うことに、抵抗を感じる人がいるかもしれません。【体験談】水谷雅子(美容家・主婦モデル)
更新: 2018-09-20 10:27:43
焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 
更新: 2018-09-25 14:24:40

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt