MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

こむら返りに関する記事

表示順:
私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)
更新: 2018-09-10 16:29:43
入眠時の痛みを伴うこむら返り、悪夢や金縛り、歯ぎしりで目が覚めてしまうなど、睡眠にまつわる悩みは多岐にわたります。これらの眠りトラブルの原因、そして、質の高い「眠り」のために心がけたい生活習慣や対策法をご紹介します。【解説】遠藤拓郎(慶應義塾大学医学部特任教授・スリープクリニック調布院長)
更新: 2018-09-10 22:59:01
ゴマ酢は、黒ゴマとトウガラシを酢に漬けたもので、モンゴルにルーツを持つ民間療法です。ゴマ酢をとると、食欲が出て、胃腸の働きがよくなります。これは、トウガラシによって胃腸の血流がよくなり、消化・吸収が促されるからです。加えて酢は、水分のとりすぎで薄まった胃酸の働きを整えます。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)
更新: 2018-08-23 11:05:23
こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)
更新: 2018-09-01 00:15:13
病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)
更新: 2018-07-09 17:03:44
私がこむら返りに悩むようになったのは、2016年の夏ごろでした。日中だけでなく、就寝中も急に足の激痛に襲われるのです。検査を受けたところPWV(動脈硬化の度合いを測る指数)が、なんと1800PWV近くもあったのです。動脈硬化を改善する食事指導を受け、オクラ水も始めたのです。【体験談】森野茂(大阪府・53歳・会社員) 
更新: 2018-09-28 14:31:27