食事療法に関する健康情報


【下肢静脈瘤の食事療法】実は便秘が大敵? 予防、改善、再発防止に効果的な栄養素と食品

【下肢静脈瘤の食事療法】実は便秘が大敵? 予防、改善、再発防止に効果的な栄養素と食品

下肢静脈瘤は、ひどくなったら足を切断しなくてはならないなど、誤解もしばしばある病気ですが、下肢静脈瘤は、適切な治療で治る病気です。さらに軽度の下肢静脈瘤であれば、生活習慣の改善とセルフケアで症状を軽くしたり進行を食い止めたりすることは十分に可能です。【解説】阿保義久(北青山Dクリニック院長)


【胃痛・胸やけ・吐き気】“逆流性食道炎”克服レシピ(1)

【胃痛・胸やけ・吐き気】“逆流性食道炎”克服レシピ(1)

ここでは、逆流性食道炎を自ら考案した食事療法で見事に克服したバーテンダーの藤村公洋さんが、逆流性食道炎を患ったときに食べていた料理の一部を紹介します。どれも簡単であっという間に作れるレシピです。ぜひお試しください。【レシピ考案】藤村公洋【料理・スタイリング】古澤靖子


【ローフード人気レシピ】健康効果抜群!簡単「ナッツクリームシチュー」とデザート

【ローフード人気レシピ】健康効果抜群!簡単「ナッツクリームシチュー」とデザート

「ナッツクリームシチュー」は、鍋で煮込む加熱食ですが、いきなり誰もが全食事をローフード100%にする必要はありません。加熱食を禁止するのではなく、非加熱食の割合を増やすといった考えのほうが、体も順応しやすく、長く続けられるからです。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

私のクリニックに来られるさまざまな患者さんの多くが、何をやってもよくならない、既存の治療法以外にできることがあるなら試したい、というかたがたです。そのような人に「パンと牛乳をやめましょう」と指導すると、それだけで症状が改善する例を、これまで数多く見てきました。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) 


【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

腎臓病の食事は「低塩分・低カリウム・低たんぱく」といわれていますが、そういった制限のない食事法を40年以上前から提唱しているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。ここでは「森下自然医学」にのっとった腎臓病を予防・改善するレシピをご紹介します。【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー1

【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー1

腎臓病の食事は「低塩分・低カリウム・低たんぱく」といわれていますが、そういった制限のない食事法を40年以上前から提唱しているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。ここでは「森下自然医学」にのっとった腎臓病を予防・改善するレシピをご紹介します。【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【野菜スープQ&A】ハーバード大学式「長生きスープ」の疑問に答える

【野菜スープQ&A】ハーバード大学式「長生きスープ」の疑問に答える

多くの病気の発症には、毎日の食生活が大きく影響していることが知られています。食習慣で起こる病気だからこそ、毎日の食事のひと工夫で予防・改善ができ、健康で長生きにつながります。人気テレビ番組で話題の長生きスープを是非お試しください!【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


【ハーバード大元准教授が考案】生活習慣病、肥満の改善に役立つ「長生きスープ」

【ハーバード大元准教授が考案】生活習慣病、肥満の改善に役立つ「長生きスープ」

私が患者さんに勧めているのが、4種の野菜を20分ほど煮て作る「ファイトケミカルスープ」です。このスープが、がんの予防や治療の助けとして、また糖尿病や高血圧といった生活習慣病の改善、肥満の解消、体質改善など、さまざまな面で大きな効果を上げています。【解説】高橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

私は、高血圧は動脈硬化の物理的な結果と考えており、真の原因「血管プラーク」の減少に取り組んでいます。血管プラークは主に、口から入った酸化した油脂類なので、改善の柱となるのは、脂質を制限する食事療法です。そこで「RAP食」を考案しました。動脈硬化の改善に、実績を上げています。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。【解説者】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


博士が勧める【玉ねぎヨーグルト】の作り方と食べ方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

博士が勧める【玉ねぎヨーグルト】の作り方と食べ方 血糖値を下げ動脈硬化を防ぐ

腸内の善玉菌(痩せ菌)を増やし、悪玉菌(デブ菌)を減らす方法として、私は発酵食品と食物繊維の組み合わせをお勧めしてきました。タマネギヨーグルトも、発酵食品であるヨーグルトと食物繊維が豊富な玉ねぎで作ります。この組み合わせは最強なのです。【解説】藤田紘一郎(医学博士・東京医科歯科大学名誉教授) 


【マンガでわかる】ショウガ紅茶 64kgやせて大変身!私が試した奇跡のダイエット

【マンガでわかる】ショウガ紅茶 64kgやせて大変身!私が試した奇跡のダイエット

小さいころから食べるのが大好きな私…短大時代はなんと116kgに!!その後社会人になり86kgに減るも、太っていることに変わりはなくー【体験談】田中啓子(歯科衛生士・31歳)【マンガ】あいかわももこ


患者の半数近くは薬を中止!食前キャベツで血糖値も血圧も下がった人が続出

患者の半数近くは薬を中止!食前キャベツで血糖値も血圧も下がった人が続出

食生活の欧米化に伴い、肉や乳製品などの動物性食品を多く摂取するようになりました。これらを消化吸収するためには、インスリンが素早くたくさん分泌される必要があります。日本で糖尿病の人がふえたのは、欧米化した食事のために膵臓が疲弊し、インスリンの分泌機能に異常を来したからでしょう。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【免疫アップ 血圧を下げる効果】干しシイタケの健康効果ベスト5

【免疫アップ 血圧を下げる効果】干しシイタケの健康効果ベスト5

食事の内容が体の健康に極めて重要であることは、今さらいうまでもありません。医師の私が、なるべくこまめにとるようにしているものの一つがシイタケです。シイタケはさらに干すことで栄養価がアップします。手軽にシイタケの豊富な栄養をとれる「シイタケ氷」を是非お試しください。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長) 


【低血糖症を克服】医師の体験談 薬に頼らない"低糖質食"でヘモグロビンA1cが改善

【低血糖症を克服】医師の体験談 薬に頼らない"低糖質食"でヘモグロビンA1cが改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300mg/dl、ヘモグロビンA1cが7.4%。りっぱな糖尿病になっていたのです。低血糖症の症状にも見舞われました。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )