医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

レモンに関する健康情報


10月から始める「レモン仕事」のススメ 1年中・皮まで丸ごとレモン活用法

10月から始める「レモン仕事」のススメ 1年中・皮まで丸ごとレモン活用法

レモンの旬は10月から翌年の5月くらいまで。レモンは皮に多くの栄養価が含まれるため、できれば低農薬で作った国産のレモンを使ったほうが安心です。だからこそ、レモンの旬の時期に「レモン仕事」をして、一年中、レモンを活用してほしいと思っています。【解説・レシピ考案・料理・スタイリング】長光祥子(レモン仕事発起人)


【レモンコーヒーの効能効果】脂肪燃焼効果が最大級!ポリフェノールの玉手箱

【レモンコーヒーの効能効果】脂肪燃焼効果が最大級!ポリフェノールの玉手箱

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

ヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、多様な健康効果があると判明しています。コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防。痩せホルモンとも長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増やす作用があるので、相乗効果が期待できます。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【アーユルヴェーダ専門医】 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


疲れの真犯人【脳疲労】を撃退する「ほぐしチキン」と「レモン」の効果

疲れの真犯人【脳疲労】を撃退する「ほぐしチキン」と「レモン」の効果

これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


【冷凍レモンのすり下ろし】私が考案した冷凍レモン 作り方とレシピを公開

【冷凍レモンのすり下ろし】私が考案した冷凍レモン 作り方とレシピを公開

『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。【レポート】河合浩樹(河合果樹園代表・54歳)


【大学教授が解説】レモン汁をミルクに加える「レモン牛乳」はダイエット効果大

【大学教授が解説】レモン汁をミルクに加える「レモン牛乳」はダイエット効果大

主要な栄養素の中で、日本人が特に不足しがちなのがカルシウムです。老齢人口の増加とともに、カルシウムの摂取不足から生じる骨粗鬆症の問題が、よく指摘されています。その問題を解決する一つの手段として、ぜひ役立ててほしいのがレモン牛乳です。【解説】横越英彦(中部大学応用生物学部教授)


 【医師が実践】超簡単「レモン水」でアンチエイジング その作り方と効果

【医師が実践】超簡単「レモン水」でアンチエイジング その作り方と効果

私は皆さんに健康な水を飲むことをお勧めしています。それがレモン水です。レモン水の作り方は超簡単です。ミネラルウォーターにレモンの果汁を加えるだけ。水の健康度を測る、具体的なものさしはありませんが、私流に定義すると、健康な水とは「不老長寿」の目的にかなった水のことです。【解説】久保裕(くぼ小児科クリニック院長)


【一問一答】レモンの健康効果・選び方、レモン酢の効能・作り方

【一問一答】レモンの健康効果・選び方、レモン酢の効能・作り方

輸入レモンは、通常1ヵ月程度の時間をかけて船便で運ばれてきます。そのため、農薬や防腐剤、ツヤだしワックスなどを使用していることが大半です。その点を気にされるかたも多いでしょう。タワシなどで洗えば、表面についているものは取り除くことができます。【回答】本橋登(インド国立大学博士論文審査官・明治薬科大学元理事・薬学博士)


【レモンの健康効果】レモン汁が血管を強くし動脈硬化を予防する

【レモンの健康効果】レモン汁が血管を強くし動脈硬化を予防する

60歳をとうに過ぎた今も、医師としての激務をこなしながら私が健康を維持できているのは「レモン」を毎日取っているおかげだと思います。昔からの腰痛や肩こりが解消したことや、老眼の進行を防いでいることも、レモンが一役買っているのでしょう。【解説】済陽高穂(西台クリニック院長)


【村上祥子さん】人気1位 "レモン酢の作り方" 血圧や血糖値を下げる効果

【村上祥子さん】人気1位 "レモン酢の作り方" 血圧や血糖値を下げる効果

私が考案したフルーツ酢は10種類以上。その中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」を使ったダイエットです。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


レモン酢の効能!コレステロールを下げ肥満に効果、脳梗塞・心筋梗塞の予防も

レモン酢の効能!コレステロールを下げ肥満に効果、脳梗塞・心筋梗塞の予防も

脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


膝の痛みが改善する「レモン水」の簡単レシピ!老化防止やリラックス効果も

膝の痛みが改善する「レモン水」の簡単レシピ!老化防止やリラックス効果も

私たち夫婦はそろって膝の痛みに悩まされてきました。あるとき、テレビで「レモン水」のことを知りました。初めてみて1ヵ月くらい経ったころでしょうか。まず、私のひざ痛がみるみる改善してきました。主人のほうも改善、整形外科に通わなくてよくなったのです。今でも、毎朝、レモン水を飲みます。【体験談】高山キミ(新潟県●73歳●主婦)


酢やレモンを食事にかけて血糖値上昇を抑える!糖尿病や肥満の予防方法

酢やレモンを食事にかけて血糖値上昇を抑える!糖尿病や肥満の予防方法

血糖値の急激な上昇を抑えるための食材は、酢と牛乳です。ご飯にキュウリの酢の物を合わせれば「ご飯だけ」より食後血糖値の上昇がゆるやかに。同じキュウリでも、漬物で血糖値は上がりやすくなってしまいます。酢の代わりに、レモンやライム、スダチやユズも効果的です。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)