花粉症に関する健康情報


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

「だしくらい取れないとなぁ」ここ数年、私は心のどこかでそう思っていました。私がだしを取るのは年2回。そんな私が、一昨年、ついに憧れの「だし生活」を始めたのです。きっかけは、年末に札幌の実家に帰省したとき、母が作ってくれた年越しそばが、ものすごくおいしかったことでした。【解説】梅津有希子(ライター・編集者・だし愛好家)


【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

【ダイエット効果】シミ、シワも防ぐ美容ドリンク「シソ酢ジュース」とは

ダイエット飲料としてお勧めしたいのが、シソ酢を水で薄めて飲む「シソ酢ジュース」です。シソ酢ジュースを1〜2ヵ月飲んで、4〜5kgやせた人は少なくありません。シソ酢ジュースで肥満を防止し、若々しい肌を手にいれてください。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく栄養成分が豊富。バナナを食べると、おなかや肌の調子がよくなると以前からいわれてきました。しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【加齢臭・体臭】対策は「切り干し大根スープ」1週間で効果がわかる!

【加齢臭・体臭】対策は「切り干し大根スープ」1週間で効果がわかる!

食べ物を変えることで、体臭の改善が期待できます。「朝いちばんに切り干し大根スープを飲む」ことを、1週間続けてみてください。体臭の変化がわかると思います。また、加齢臭の軽減にも効果的です。【解説】中美恵(キレイになるマクロビ料理研究家・ mieʼs レシピクッキングサロン主宰)


【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

私の医院では、肝臓に直接関係する症状がなくても、解毒が必要と思われる人には、タマ皮スープを勧めています。試してもらうと、症状の改善に伴い、肝機能値も下がるケースがよくあります。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。【解説】平柳要(元日本大学医学部准教授・医学博士)


【対策】花粉症、アトピーを治す 医師が考案の【解毒スープ】の作り方

【対策】花粉症、アトピーを治す 医師が考案の【解毒スープ】の作り方

解毒スープは、さまざまな症状に効果的です。特にアトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などのアレルギーで悩む方は、ぜひ試してください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)