医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

更年期障害に関する健康情報


【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


更年期障害に「加熱トマト」が効果!中性脂肪値を下げる“13オキソODA”に注目

更年期障害に「加熱トマト」が効果!中性脂肪値を下げる“13オキソODA”に注目

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【豆乳マヨネーズの効果】30代からのエストロゲン低下をカバー! 更年期予防に

【豆乳マヨネーズの効果】30代からのエストロゲン低下をカバー! 更年期予防に

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【操体法とは】やり方は簡単で気持ちいい!  腰痛 ひざ痛の痛みやしびれが改善

【操体法とは】やり方は簡単で気持ちいい! 腰痛 ひざ痛の痛みやしびれが改善

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【更年期障害の症状】ほてりや多汗が改善!足をモゾモゾする「操体法」の効果

【更年期障害の症状】ほてりや多汗が改善!足をモゾモゾする「操体法」の効果

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る

【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る

若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。【体験談】石田久美子(主婦・53歳)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【紫蘇(シソ)ジュース】更年期 不眠症も改善

【紫蘇(シソ)ジュース】更年期 不眠症も改善

紫蘇(しそ)には青ジソと赤ジソがありますが、成分に大きな違いはなく、効能もほとんど変わりません。シソの有効成分は、葉の裏にある小さいつぶつぶの中に入っています。シソの葉を煮出すと、その有効成分がたっぷり溶け出します。【解説】丁宗鐡(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらツルツル肌に!

【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらツルツル肌に!

最近食べ始めたのが、「納豆スープ」です。更年期には女性ホルモン様の作用がある大豆イソフラボンがいいと聞いていましたし、もともと納豆は好きで冷蔵庫にいつもありました。そういうこともあって、軽い気持ちで始めたのです。驚いたのは、始めた翌日から便秘が解消したことです。【体験談】佐々木美奈(40歳・主婦・北海道)


【ホルモンバランスを整える食べ物】 "小豆" シミやシワを防ぐ効果

【ホルモンバランスを整える食べ物】 "小豆" シミやシワを防ぐ効果

あずきは赤ワインの1・5〜2倍ものポリフェノールが含まれており、抗酸化力は抜群。ガンをはじめとする生活習慣病や動脈硬化、シミ、シワを予防します。また豊富なサポニンの効果で、コレステロールや中性脂肪の増加を防ぎ、血栓や動脈硬化の原因を抑制します。利尿効果もありむくみを防ぎます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


【医師解説】4cm大の子宮筋腫が消えた!ワキをもむと女性の病気が改善する理由

【医師解説】4cm大の子宮筋腫が消えた!ワキをもむと女性の病気が改善する理由

わきもみを行うと、不思議なことに、ふくらはぎの外側の緊張が緩みます。子宮が冷えている人は、ふくらはぎの血流やリンパ液の流れが悪くなっています。逆に、ふくらはぎの血流がよくなれば、骨盤内の血流もよくなり、子宮筋腫、子宮内膜症などの改善も期待できます。【解説】佐々木綾(産婦人科医)


薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる閉経前後の女性の不調です。現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。【解説者】高橋浩子(ひろこ漢方内科クリニック院長)


更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

私の治療院では、主に女性の患者さんを対象に施術を行っています。実際、目を温めるセルフケアを続けている患者さんからは、「生理不順が改善して周期が整った」「生理痛や、生理前の不快な症状が改善した」といった声が寄せられています。【解説】重永志帆(Ohanaroom鍼灸治療院院長)


【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。【解説】本田唯人(本田治療院院長)