医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

自律神経に関する健康情報


頭へ鍼治療で痛みやしびれを解消する「山元式新頭鍼療法(YNSA)」とは

頭へ鍼治療で痛みやしびれを解消する「山元式新頭鍼療法(YNSA)」とは

山元式新頭鍼療法(YNSA)とは医師の山元敏勝氏が確立した、頭の治療点に鍼を刺す療法です。今やYNSAは、医師や歯科医師、鍼灸師など、世界で数万人以上が実践する治療法となっています。YNSAが世界で普及した理由は、治療効果の高さです。【解説】加藤直哉(健康増進クリニック副院長)


【へそさすり体験談】起床時にピリピリする腰痛を「腸」から改善

【へそさすり体験談】起床時にピリピリする腰痛を「腸」から改善

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


【お腹をさする】方向は「時計回り」でガス腹解消!痛みを取る効果

【お腹をさする】方向は「時計回り」でガス腹解消!痛みを取る効果

原因がわからず痛みや不調がある状態を「不定愁訴」と呼びます。そして、不定愁訴の多くは、おなかに起因しているのです。そこで考案したのが、おなかにアプローチする「へそさすり」です。私は、およそ5年前から患者さんに本格的に勧め、大きな成果を上げています。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


頭スッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方

頭スッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【足の長さが左右で違う】股関節の体の歪みを取る「ひざ縛り」のやり方

【足の長さが左右で違う】股関節の体の歪みを取る「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


自律神経のバランスを取り戻す「足の爪もみ」のやり方

自律神経のバランスを取り戻す「足の爪もみ」のやり方

私たちの体に起こるほぼすべての病気は、根底に自律神経のアンバランスがあるのです。自律神経のバランスを取り戻すために、家庭で手軽にできて効果的なのが「爪もみ」療法です。手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【自律神経を整える】副交感神経を自分で操る「セル・エクササイズ」とは

【自律神経を整える】副交感神経を自分で操る「セル・エクササイズ」とは

自律神経のバランスが乱れた状態を放置していると、便秘や不眠、耳鳴り、肥満、腰痛などさまざまな不調が現れます。ですから、できるだけ早く、副交感神経を活性化させて、自律神経のバランスを整える必要があります。【解説】末武信宏(さかえクリニック院長)


【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善

【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善

私が首を傷めたのは、2016年11月のことでした。階段で足を滑らせて、首を強打したのです。それから四六時中、頭が痛むようになりました。嘔吐こそしませんが、ひどい吐き気があり、特に夕方以降、頭痛がひどくなります。寝るときも痛み続け、痛みをこらえながら眠るような日々でした。【体験談】内村加奈子(仮名・51歳・造形作家)


【自律神経を整える】ヒプノセラピーとは 潜在意識と顕在意識の違いについて

【自律神経を整える】ヒプノセラピーとは 潜在意識と顕在意識の違いについて

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説

【鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説

鼻の通りをよくするために交感神経を刺激しても、それで不眠になることはありません。むしろ鼻づまりは睡眠の質を落とします。鼻づまりを我慢せず、安心して、今回紹介している3つの方法を行ってください。【解説】石井正則(JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【医師も実践】私が「ニュース断ち」をお勧めする2つの理由

【医師も実践】私が「ニュース断ち」をお勧めする2つの理由

「特に理由もなく不安になる」「なんとなく鬱々とする」「ストレスで息苦しい」「なぜか体調が優れない」ネガティブな状態にいるあなたに試していただきたいのが「ニュース断ち」です。テレビや新聞、スマホ、ネットなどからあふれているニュースをすべてシャットアウトするいわば情報の断捨離です。【解説】西脇俊二(ハタイクリニック院長)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった!

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった!

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


眠れない、聞こえにくなどに効果の「うつぶせユラユラ」とは

眠れない、聞こえにくなどに効果の「うつぶせユラユラ」とは

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。【解説】小林理(長野赤十字病院呼吸器外科部長 )


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

オキシトシンは、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促します。最近の研究では、オキシトシンが直接血管に作用して血圧を下げることも判明しています。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長/アメリカ・ウィスコンシン医科大学教授)


【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)


【骨盤のゆがみ】深い呼吸で骨盤を調整 SSサイズが入る体形になりたい!

【骨盤のゆがみ】深い呼吸で骨盤を調整 SSサイズが入る体形になりたい!

体調不良と激太りに悩まされた私は、ヨガや整体などさまざまなレッスンや施術に通ったものの、効果はあまり感じられず。そんなとき、エステの会員誌の取材の仕事で、骨盤体操を体験したのです。すると、ポッコリ出ていたおなかがキュッとへこみました。【解説】佐藤志津香(日本骨盤ヘルスケア協会代表理事)