ヨガに関する健康情報


【片岡鶴太郎さん】朝の日課はヨガと「太白ゴマ油うがい」声のかすれや喉の痛みが解消した!

【片岡鶴太郎さん】朝の日課はヨガと「太白ゴマ油うがい」声のかすれや喉の痛みが解消した!

あらかじめ、90℃に加熱して、常温に冷ましてビンに戻した太白ゴマ油を常備してあるので、それを使います。太白ゴマ油でのうがいを始めてから、のどの潤いが保たれるようになり、声がかすれたり、のどが痛くなったりすることがなくなりました。声を出す仕事を持つ者にとって、これはありがたいことです。【体験談】片岡鶴太郎(俳優・画家)


【目をよくする体操】視力回復や疲れ目を改善する「沖ヨガ」の効果を眼科医も絶賛!

【目をよくする体操】視力回復や疲れ目を改善する「沖ヨガ」の効果を眼科医も絶賛!

近視や老眼で不自由を感じるようになると眼科でメガネやコンタクトレンズを処方してもらいます。矯正具に頼っていると、かえって進行するばかりで目の治療とは言えません。視力アップヨガは眼科医から見ても理にかなっており、目の不調に効果を発揮すると考えられます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【沖ヨガ】5点のツボ押しで視力アップ 数分で目・脳・内臓の緊張が取れてクッキリ見える

【沖ヨガ】5点のツボ押しで視力アップ 数分で目・脳・内臓の緊張が取れてクッキリ見える

視力アップヨガは、1日1分でも実践し、継続するようにします。全部でなくてもいいので、気がついたら実行するようにしましょう。目と目の周囲がリラックスするだけでなく、脳や内臓の緊張もほぐれて、視力アップに大きな効果があります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【変形性膝関節症】膝痛を和らげる「整形外科ヨガ」とは?つま先立ちで骨粗鬆症も予防できる

【変形性膝関節症】膝痛を和らげる「整形外科ヨガ」とは?つま先立ちで骨粗鬆症も予防できる

足や腰などの痛みは、整形外科の治療だけでは、なかなか改善しないことがあります。私は、昨年の4月から週に1回、院内で「整形外科ヨガ」という体操教室を開いています。この整形外科ヨガで必ず行うのが、「カーフレイズ」という、「つま先立ち」の動作です。主に、ふくらはぎの筋肉が鍛えられます。【解説】井上留美子(松浦整形外科院長)


【ひざに水がたまる】「ひざヨガ」で全く水がたまらなくなった!痛みが改善し鎮痛剤も不要

【ひざに水がたまる】「ひざヨガ」で全く水がたまらなくなった!痛みが改善し鎮痛剤も不要

私が一念発起して、ヨガ教室に通い始めたのは、2年ほど前からです。以前から勧められていたのですが、「ヨガでひざ痛が治るの?」と半信半疑でした。「やはり、自分でも何かやらなくては」と思い、ヨガにまじめに取り組むことにしたのです。【体験談】成田彩子(仮名・山口県・66歳・主婦) 


膝痛改善を1ヵ月で実感!84歳でもピンと立てた!医師考案「ひざヨガ」のやり方

膝痛改善を1ヵ月で実感!84歳でもピンと立てた!医師考案「ひざヨガ」のやり方

ひざ痛を抱える人は、特にひざの裏が伸びにくくなっています。ひざ裏の奥にある「膝窩筋」という筋肉が、かたくなっているからです。そうなると、ひざ痛だけでなく、足が上がらずすり足になったり、階段の上り下りがつらくなったり、歩くスピードが遅くなったり、といったことが起こります。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)


【ヨガの呼吸法】鼻づまりが解消し脳が活性化 仕事や勉強、スポーツ能力が高まる

【ヨガの呼吸法】鼻づまりが解消し脳が活性化 仕事や勉強、スポーツ能力が高まる

ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

私が「耳ひっぱり」と出合ったきっかけは、突然に始まった睡眠障害です。後に主治医となる医師から「呼吸法がいいですよ」とアドバイスされ、呼吸法を取り入れるためにたどりついたのがヨガでした。ヨガを学び、今度はヨガのすばらしさを伝える側になりました。【解説】薄久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰 ヨガインストラクター)


【ヨガ行者が指南】心身にエネルギーを充満させる「安楽呼吸」のやり方

【ヨガ行者が指南】心身にエネルギーを充満させる「安楽呼吸」のやり方

「呼吸法は奥が深い」なるほど、それは確かなことなのですが、究めた人ほど、シンプルな呼吸法を重要視します。「ヨーガ行者の王」と称される成瀬雅春先生もしかり。ヨガの基本中の基本となる呼吸法を紹介しましょう。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 


【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。【体験談】芦名佳代(仮名・25歳無職・大阪府) 


【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

【おやすみ前の新習慣】「寝たままできる快眠ヨガ 」脊椎を整え細胞修復を促すヨガポーズ4選

私は生まれつき頸椎脊柱管狭窄症という病気で、脊椎の中の管が一部狭くなっています。少しのことで首や肩がこり、頭痛が起きます。こりや痛みがひどいと眠れなくなるほどでしたが、ヨガをしたら体がスーッと軽くなったのです。患者さんにもヨガを取り入れた運動指導を進めています【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長・医学博士)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

健康のためには体を動かすこと――わかってはいるけど「めんどうくさい」「運動が苦手」「何をやっても長続きしなかった」という人はおおぜいいることでしょう。そんななか、究極のズボラ健康法を発見しました。なんと、ふとんの中で寝たままできるヨガが人気急上昇中なのです。【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長)