MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

変形性膝関節症に関する記事

表示順:
腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)
更新: 2018-09-11 11:55:22
ひざの専門医が、今最も注目しているのが、「プロテオグリカン」という、ひざの軟骨に含まれる物質です。最近、これをMRI(磁気共鳴断層撮影)で見られるようになり、変形性ひざ関節症を早期に発見できるようになりました。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)
更新: 2018-09-05 23:10:37
一般的に、変形性ひざ関節症によるひざの痛みは、「筋肉に原因がある」とする説が多いようです。しかし、私は筋肉は関係ないと考えています。なぜなら、ひざ関節の周囲に筋肉はないからです。では何が原因かというと靭帯(骨どうしをつなぐ組織)と関節包(関節を包む膜)の拘縮だと考えています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)
更新: 2018-09-03 18:20:02
手首つかみは手首を押さえながら1分ほど歩くという簡単な体操です。これを行うだけでひざ痛をはじめとする関節痛が驚くほど軽快します。ひざが悪い人はほぼ例外なく股関節がかたくなっており太もも前面の筋肉が緊張して、ひざ関節を圧迫します。そのためひざがうまく動かず痛みが出てくるのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2018-09-03 18:47:57
ひざ痛を招く要因はケガを除けば主に3つあります。肥満、姿勢の悪さ、動かし不足、この3つです。痛みの主な原因が肥満や姿勢の悪さにある人が、減量したり、姿勢をよくしたりするのは、当然のことです。ここでは、肥満や姿勢などに関係なく、ひざ痛に悩む人全員にお勧めしたい体操を紹介します。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)
更新: 2018-09-03 17:59:48
変形性ひざ関節症は男性に比べて女性の発症率が高く、当院の患者さんも、60〜80代の女性が中心です。患者さんには「体重を減らす」「骨や軟骨を丈夫にする」「筋肉をつける」という三つを目標に日常生活を送るよう指導します。まずは食事の改善から始めるといいでしょう。【解説】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)
更新: 2018-09-13 13:11:14
ひざの痛みを訴えて整形外科を受診する人の多くが「変形性ひざ関節症」です。なりやすい人の傾向として「肥満ぎみ」「女性」「足の筋力が弱い」「運動不足」が挙げられます。原因にはもう一つ、「関節包」という組織が関係していることがわかってきました。【解説】千葉純司(東京女子医科大学東医療センター整形外科部長・教授)
更新: 2018-09-12 13:59:59
高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)
更新: 2018-08-30 03:07:13
中高年のひざ痛の主な原因は半月板が割れることです。半月板自体には神経が通っていないので割れたことでは痛みはありません。割れた破片がはみ出して血管や神経の通っている靭帯や関節包に当たって傷つけ神経を刺激するために痛みが生じます。これが「変形性膝関節症」の最大原因です【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2018-09-04 16:50:04
変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【解説・監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)
更新: 2018-05-16 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt