RAP食に関する健康情報


【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【動脈硬化が改善】治療に役立つ食べ物「RAP食」生甘酒を加えると効果大

【動脈硬化が改善】治療に役立つ食べ物「RAP食」生甘酒を加えると効果大

私は、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、そして、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死を防ぐため、皆さんに勧めている食事療法があります。それが、「RAP食」です。最近私がRAP食に加えた食品の一つが、生甘酒です。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【医師解説】高血圧の原因は塩分ではない!真の原因は「血管プラーク」

【医師解説】高血圧の原因は塩分ではない!真の原因は「血管プラーク」

高血圧の原因のほとんどは、血管にたまったプラークです。たまったプラークは、時間の経過により石灰化し、動脈硬化が進行していきます。血管が狭く細くなると、血流の勢いを保つ必要が生じ、心臓が血圧を上げ高血圧を引き起こします。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

「高血圧対策といえば減塩食」というのが常識となった今、「制限すべきは塩分ではなく脂質」と独自の理論を唱え、食事療法により血管状態の改善に成果を上げているクリニックがあります。ここでは、その食事指導の概要を紹介します。ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

【動脈硬化は治る】症状を改善し"血管プラーク"を溶かす食事療法「RAP食」とは

私は、高血圧は動脈硬化の物理的な結果と考えており、真の原因「血管プラーク」の減少に取り組んでいます。血管プラークは主に、口から入った酸化した油脂類なので、改善の柱となるのは、脂質を制限する食事療法です。そこで「RAP食」を考案しました。動脈硬化の改善に、実績を上げています。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【高血圧を治す】血管内の脂肪を撃退する「血管若返り」レシピ

【高血圧を治す】血管内の脂肪を撃退する「血管若返り」レシピ

血管が若返るお勧めのメニューを紹介します。レシピを参考に、ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)