医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ダイエットに関する健康情報


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)


体の硬さは「股関節回し」で解消できた!動ける体になって下腹もへこんだ

体の硬さは「股関節回し」で解消できた!動ける体になって下腹もへこんだ

まだ小さかった子どもたちと一緒に砂場で砂遊びをすることが多かったのですが、10分20分しゃがんだ後に立とうとすると、股関節が固まったようになってしまい、パッと立てなかったのです。股関節回しをしてからは、すぐに私も立ち上がり、追いかけることができるようになりました。【体験談】中村瑞枝(自営業・44歳)


酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

野菜が大好きな私は、ふだんから自家菜園でさまざまな野菜を手作りしています。そのおかげで、日ごろから野菜を多く摂取しているほうだと思います。しかし、キャベツは育てていないので、口にする機会があまりありませんでした。【体験談】岡山奈美子(仮名・78歳・主婦)


冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

酢ショウガの効果を得るためには、日々続けることが重要です。だから、なるべく簡単な方法がいい。そして、健康効果が高ければなおGOOD。そんな酢ショウガの食べ方を、酢ショウガのエキスパート石原新菜先生に伺いました。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


宿便を出す断食「梅流し」で体重14kg減!梅の力で綺麗に痩せられた!

宿便を出す断食「梅流し」で体重14kg減!梅の力で綺麗に痩せられた!

梅流しとは、2泊3日の断食合宿の最終日に行う「明けの食事」と呼ばれる作法の一つです。断食をして梅流しで宿便を出し、自宅で「回復食」といって体に優しい食事を続けると、体重は3㎏くらい落ちます。普通の食事に戻すと、体重は1.5㎏くらい戻るのですが、断食前の体重まで増えることはありません。【体験談】勝本イチ子(主婦・71歳)


甘いモノがやめられないなら朝に「バターをひとかけ」食べるとよい

甘いモノがやめられないなら朝に「バターをひとかけ」食べるとよい

バターは脂肪の塊かたまりなので、体に悪いし、太ると思うかもしれませんが、それは間違いです。もし、脂質を食べすぎたとしても、食べた脂がそのまま皮下脂肪や内臓脂肪となって体にたまることはありません。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

生大根の辛み成分で痩せる!美味しい「大根スムージー」のファンが急増中!

私は4年ほど前から「大根スムージー」を食べるようになり、昨年から、大根スムージー講座を定期的に開いています。今では地元だけでなく、首都圏でも開催するようになり、大根スムージーファンは、着実に増えています。【解説】青木久美子(ダイエットアドバイザー)


ムラカミ式酢キャベツで自然にやせた!6kgダイエット成功体験談

ムラカミ式酢キャベツで自然にやせた!6kgダイエット成功体験談

去年の12月のことでしょうか。突然、気分が悪くなって動悸がし、病院へ駆け込んだことがありました。すると医師から、「血圧がとても高い」と指摘されたのです。そのときの最大血圧は、170㎜Hgを超えていました。【体験談】山口玲子(53歳・経営者)


善玉菌を増やす!はちみつと生姜で「便秘解消ドリンクの素」を手作り

善玉菌を増やす!はちみつと生姜で「便秘解消ドリンクの素」を手作り

ハチミツにはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌の代表であるビフィズス菌のエサになるので、ハチミツを取ると腸内細菌のバランスがよくなります。ですから便秘解消にも効果的です。ショウガにも整腸作用があることから、ハチミツショウガは便秘の解消にも優れた効果を発揮します。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


流れた皮下脂肪が原因!太って見える人、痩せて見える人の違い

流れた皮下脂肪が原因!太って見える人、痩せて見える人の違い

つかんで引き上げるだけ!皮下脂肪ほぐしで見た目が劇的に変わりサイズダウン。身長と体重がほぼ同じなのに、「太って見える人」と「やせて見える人」がいます。その違いは、皮下脂肪による体形のくずれです。【解説】中島絹代(ボディスタイルコンサルタント)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


【ハチミツダイエット】 17kgやせた!夜飲んでよく寝ると効果あり

【ハチミツダイエット】 17kgやせた!夜飲んでよく寝ると効果あり

このダイエットの基本は、「寝る前にハチミツを大さじ1杯程度取って、十分な睡眠を取る」だけ。これだけで、余分な体脂肪が効率よく燃やされ、ダイエットにつながるそうです。食事はバランスよく食べればよく、無理な制限は必要ありません。さらに気に入ったのは、「運動しなくてもいい」ということ。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


【女性向け】簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

【女性向け】簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)