MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

動体視力に関する記事

表示順:
実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)
「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授・健康教育学)
私は現在、2軍のトレーニングコーチとして若手の育成に力を注いでいます。1軍に生きのいい選手を送るのが私の役割です。「視覚トレーニング」をチームに導入したい、と考えたのは5年前でした。【解説】伊藤博(読売巨人軍 2軍トレーニングコーチ)