MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

口呼吸に関する記事

表示順:
上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)
更新: 2018-09-25 18:15:47
咳やくしゃみをした際に、口中から非常に臭い、小さな白い塊が出てくることがあります。これは膿栓(のうせん)、通称ニオイダマと呼ばれるものです。新陳代謝によって口中の粘膜が剥がれ、そこに歯周病菌や大腸菌等の死骸や食べカス等が付着。それらが扁桃腺周辺の窪みに溜まって固まったものです。【解説】徳永雅一(とくなが耳鼻咽喉科院長)
更新: 2018-09-07 22:49:21
いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 
更新: 2018-09-11 17:24:34
自分が鼻呼吸なのか口呼吸なのか、よくわからないという人もいらっしゃるでしょう。そういう人は、まず上の「口呼吸チェックリスト」で確認してみてください。いかがでしたか。いくつか該当する項目がありましたか。実は、一つでも該当するようでしたら、口呼吸の可能性があります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)
更新: 2018-09-03 16:21:45

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt