MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

腸に関する記事

表示順:
お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)
更新: 2019-01-07 18:00:00
私は長年、太極拳を皆さんに指導してきました。最近は、健康維持ではなく「症状の改善」を求めて教室に通う生徒さんが多くなったと感じています。肥満も、その一つです。やせたい、おなかをへこませたいという人が増えています。そんな人にお勧めしているのが「おなか回し」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)
更新: 2018-09-03 11:32:28
牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。【解説者】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所所長)
更新: 2018-09-28 11:16:02

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt