関節痛に関する健康情報


【整膚とは】指圧との違いは?肌をやさしくつまんで引っ張るだけで血流がアップする!

【整膚とは】指圧との違いは?肌をやさしくつまんで引っ張るだけで血流がアップする!

肌をやさしくつまんで、ゆっくり引き上げて戻す。生活習慣病から関節や筋肉の痛み、精神的トラブルから美容やダイエットにいたるまで、さまざまな効果が得られている肌つまみですが、なぜ肌をつまんで引っ張るだけで、高い健康効果が得られるのでしょうか。【解説】徐堅(整膚学園学長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【頭痛・疲労が改善】貼るだけこするだけで痛み、しびれ、不調が改善する「1円玉療法」

【頭痛・疲労が改善】貼るだけこするだけで痛み、しびれ、不調が改善する「1円玉療法」

1円玉療法とは、ツボや痛みのある場所に1円玉をはるだけで、鍼灸治療と同様の効果が得られる健康法です。東洋医学では、気(東洋医学でいう目に見えない生命エネルギー)の巡りが乱れると、さまざまな症状が生じるとされています。【解説】川村佳耀(佳耀弘漢鍼灸院院長鍼灸師・柔道整復師)


【1円玉療法誕生ヒストリー】電気治療器の製作中のハプニングがきっかけ

【1円玉療法誕生ヒストリー】電気治療器の製作中のハプニングがきっかけ

「1円玉療法」を発案したのは、今から35年前のことです。当時の私は52歳。鍼灸師として働く一方で、鍼と同様の効果を再現できる、電気を使った治療器の製作を続けていました。1円玉療法は、その治療器の製作段階で起きた、ちょっとしたハプニングがきっかけで誕生したのです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

【やり方付き】なぜダイエットが成功しないのか ― 骨盤を整えると楽々痩せる!

ひざ痛や腰痛、股関節痛、肩こりなど、関節周辺の痛みを抱える患者さんは、ほぼ全員、姿勢が悪く、体重が標準値をオーバーしているのです。私は、「関節痛も肥満も、なぜ根本的に改善できないのだろう」と考えました。そのとき思い当たったのが、「体のねじれ」だったのです。【解説】碁盤一晴(ごばん接骨院院長)


関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

【医師イチオシ】肝臓の機能を高め疲労回復に効果!「コンニャク湿布」のやり方

病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【医師解説】下痢・嘔吐を引き起こすグルテンアレルギー 改善の鍵はテニス王者も実践した「小麦断ち」

【医師解説】下痢・嘔吐を引き起こすグルテンアレルギー 改善の鍵はテニス王者も実践した「小麦断ち」

ジョコビッチ選手はプロテニスプレーヤーとなったあとに、「グルテン不耐症」であることが判明。小麦を含む食品を抜くことで動きが格段によくなり、体力・集中力・気力が増強されたそうです。私はこれを読んで、私は最近ふえている患者さんの症状は、小麦が原因ではないかと思ったのです。【解説者】堀田忠弘(堀田医院院長)


膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

「アーユルヴェーダ」は、一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳は「生命の科学」となります。アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行いますが、ご家庭で行うのは難しいので簡易法をご紹介します。【解説】加藤幸雄(日本アーユルヴェーダ研究所理事・鍼灸師)