医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

足首回しの効果に関する健康情報


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


【足の小指の爪が小さい】と腰痛や尿もれの危険信号!対策は足上げトレーニング

【足の小指の爪が小さい】と腰痛や尿もれの危険信号!対策は足上げトレーニング

みなさんは、ご自分の足の小指をじっくりとご覧になったことがありますか?爪を切るときには見るものの、それほど注意を払っていない人が多いのではないでしょうか。実は、足の小指の爪は、体のバランスや状態を知る、よいバロメーターになります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【きくち体操とは】脳と体をつなぐ足指体操 糖尿病の改善 脳梗塞後のリハビリに効果

【きくち体操とは】脳と体をつなぐ足指体操 糖尿病の改善 脳梗塞後のリハビリに効果

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操】なぜ「足指」で効果があるのか 始める前に足指チェック!

【きくち体操】なぜ「足指」で効果があるのか 始める前に足指チェック!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】


【きくち体操のやり方】ポイントは足の指 脳が活性化し血流アップ 心身の不調も改善

【きくち体操のやり方】ポイントは足の指 脳が活性化し血流アップ 心身の不調も改善

毎日足の指を動かし、育てていけば、足の指1本1本を意識して動かせるようになります。「体を意識して動かす」作業は、自分の体と向き合い、自分を見つめる作業です。それは、自分の体を大切にし、今まで見失っていた本来の自分を取り戻すことにもなります。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


足首を緩めて腸を活性化! 足助体操「足首回し」のやり方

足首を緩めて腸を活性化! 足助体操「足首回し」のやり方

私たちの全体重を日々支えている足首には、想像以上にストレスがかかっています。足首をゆるめることは、ストレスを解消し、精神的にも落ち着くのです。そして、足助次朗先生は、腸の硬化を改善することも重視していました。【解説】畑田愁次(足助式医療體操協会登録指導講師)


足助式「足首回し」の効果 腸の活性化などさまざまな不調が解消

足助式「足首回し」の効果 腸の活性化などさまざまな不調が解消

足助体操は、関西の治療家・足助次朗先生が創案し、1941年に体系化した体操です。次朗先生は、万病の原因は「退行性変化」にあると考えていました。退行性変化とは、日常生活で動かさなくなった筋肉や筋膜、臓器、血管などが萎縮したり、硬くなったりする現象です。【解説】中本かよ(医師・大阪漢方医学振興財団理事長)


足首を丁寧に回して女子力アップ!PMS・生理痛の改善方法

足首を丁寧に回して女子力アップ!PMS・生理痛の改善方法

足首回しは、生理の不調や更年期障害、不妊症、冷え、むくみなどの女性ならではの悩み全般に対応できます。また、腰痛や座骨神経痛、ひざ痛など、ヘソから下の痛みにも効果的です。【解説】古久澤靖夫(ブリージングストレッチ本院院長)


うんちが残ってる感じがスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

うんちが残ってる感じがスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に勧められ飲み始めた便秘薬で便秘症になってしまったのです。便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。【体験談】大塚幸信(仮名・愛知県・82歳無職)


足首がコリコリ・ガチガチな時は「足首回し」で全身の血流改善!

足首がコリコリ・ガチガチな時は「足首回し」で全身の血流改善!

東洋医学では、足に、全身の内臓や器官とつながっている「反射区」というものがあるといわれています。この反射区を刺激することで、滞っていた血液やリンパの流れをよくし、病気や不調を改善・軽減していこうというのが、足もみ健康法です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長)