医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

酢キャベツの効果に関する健康情報


トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)


毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

毎日「いい便」が出る!酢キャベツで快便体質に変化 4キロやせてひざ痛が軽快

酢キャベツを食べ始めると、期待どおり、少しずつ体重が落ちていきました。体重が落ちたおかげか、10年来の悩みだった、両ひざの痛みが軽くなりました。右ひざは、ほとんど痛みません。たまに左ひざが痛みますが、それでも以前に比べたら、だいぶ楽になりました。【体験談】内藤ナツイ(主婦・67歳)


毎朝スッキリ「酢キャベツ」で快便習慣をゲット! 痩せてベスト体重をキープ中

毎朝スッキリ「酢キャベツ」で快便習慣をゲット! 痩せてベスト体重をキープ中

酢キャベツを食べ続けて、毎朝、きちんとお通じがつくようになったのです。便通がいいと、やはり身も心もスッキリします。酢キャベツのおかげか、この1年間、体調全般が整っているように感じています。腰が痛かったり、ひざが痛かったりすることもなく、体はよく動きます。【体験談】山畑妙子(仮名・主婦・73歳)


「酢キャベツが酸っぱすぎる」方へ 酸味を抑えた【酢キャベツの作り方】を紹介!

「酢キャベツが酸っぱすぎる」方へ 酸味を抑えた【酢キャベツの作り方】を紹介!

キャベツの特長といえば、なんといっても、食物繊維が豊富な点です。また、美肌づくりに欠かせないビタミンCや、別名「キャベジン」と呼ばれるビタミンUも豊富です。酢の強い酸味に、抵抗があるかたもいらっしゃるでしょう。そこで私がお勧めしたいのは、酢と水を1対1で割って漬ける方法です。【解説】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

私がテレビ番組で紹介し、実際に常食している「酢キャベツ味噌汁」を紹介しましょう。酢キャベツをそのまま食べるのに飽きてしまい「味噌」に入れてみたのです。味噌は良質の発酵食品であり善玉菌の塊です。味噌汁に酢キャベツを加えれば、これ以上の腸内環境改善食はありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

野菜が大好きな私は、ふだんから自家菜園でさまざまな野菜を手作りしています。そのおかげで、日ごろから野菜を多く摂取しているほうだと思います。しかし、キャベツは育てていないので、口にする機会があまりありませんでした。【体験談】岡山奈美子(仮名・78歳・主婦)


【酢キャベツ体験談】高かった私の血圧と夫の血糖値が基準値で安定!

【酢キャベツ体験談】高かった私の血圧と夫の血糖値が基準値で安定!

私は、現在74歳。年齢も年齢なので、日々、健康管理には気をつけています。特に気になっているのは、血圧でしょうか。きっかけは、3年前に受けた健康診断です。最大血圧が150㎜Hg近くあり、基準値を上回っていました。【体験談】中西三枝子(74歳・主婦)


ムラカミ式酢キャベツで自然にやせた!6kgダイエット成功体験談

ムラカミ式酢キャベツで自然にやせた!6kgダイエット成功体験談

去年の12月のことでしょうか。突然、気分が悪くなって動悸がし、病院へ駆け込んだことがありました。すると医師から、「血圧がとても高い」と指摘されたのです。そのときの最大血圧は、170㎜Hgを超えていました。【体験談】山口玲子(53歳・経営者)


【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖入りで痩せる効果アップ!

【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖入りで痩せる効果アップ!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


【酢キャベツダイエット】作り方とやり方

【酢キャベツダイエット】作り方とやり方

キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

「腸漏れ」はリーキーガット症候群と呼ばれ、今注目を集めています。腸漏れ症候群が様々な不定愁訴を誘発すると考えられているからです。これを防ぐには、腸内フローラを整える食事が必要です。何を食べれば良いか。それは、伝統的な和食とお酢の組み合わせです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


作り置き【酢キャベツダイエット】超簡単な作り方と人気レシピはこれだ!

作り置き【酢キャベツダイエット】超簡単な作り方と人気レシピはこれだ!

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


 【医師愛食】小児ぜんそくの症状が軽快した「キャベツ」の酵素パワー オススメは黒酢キャベツ

【医師愛食】小児ぜんそくの症状が軽快した「キャベツ」の酵素パワー オススメは黒酢キャベツ

現代人の食事は、高たんぱくで高脂肪の肉料理が中心になっています。一方で、野菜や果物類は摂取不足。さらに、お菓子などに含まれる白砂糖は、取り過ぎています。私のクリニックでは、食事で体を治す「医食同源」を実感してもらうために食事指導を行っています。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長・医師)


【酢キャベツダイエット】簡単アレンジ、おいしい応用レシピ!

【酢キャベツダイエット】簡単アレンジ、おいしい応用レシピ!

酢キャベツは、そのまま食べてもいいのですが、たまには変化が欲しいもの。そんなとき、材料として料理に使ってみてはいかがでしょうか。キャベツの食感と酢の酸味が、ほどよいアクセントになってくれます。スープや和え物、煮込み料理、麺類など、どんな料理にでも意外に相性が合います。【料理】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家) 


【酢キャベツ健康法】5kgやせポッコリお腹がスッキリ 脂肪肝も解消した耳鼻科医

【酢キャベツ健康法】5kgやせポッコリお腹がスッキリ 脂肪肝も解消した耳鼻科医

私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。【解説】原田康夫(広島大学元学長・耳鼻科医・テノール歌手)


【かんたん酢キャベツのレシピ】ダイエット、美肌効果、免疫力もアップ!

【かんたん酢キャベツのレシピ】ダイエット、美肌効果、免疫力もアップ!

キャベツの千切り。皆さん、脇役だと思っていませんか。実は、生のキャベツには優れた健康効果があるのです。ダイエット効果や美肌効果、免疫力アップ等々―。美と健康を維持するうえで、キャベツは欠かすことができません。そして、その健康パワーを強力に引き上げてくれるのが、酢の力です。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


糖尿病を改善!医師が解説、血糖値を下げる【酢キャベツダイエット】のやり方

糖尿病を改善!医師が解説、血糖値を下げる【酢キャベツダイエット】のやり方

酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。一緒に取ることで疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らす効果が報告されています。これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツを、ふだんの食事にうまく取り入れてみてください。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植医療部医師)