MCTオイルに関する健康情報


【バターコーヒーダイエット方法】背中のブツブツが治った 18kg痩せた 鍼灸師の体験談

【バターコーヒーダイエット方法】背中のブツブツが治った 18kg痩せた 鍼灸師の体験談

体脂肪が燃えやすい体質に変わり、空腹感がいっさいなく、短期間でやせられるばかりか、ツルツルツヤツヤの美肌になり、疲れ知らずで頭も冴える。そんな魔法のようなダイエット法が「バターコーヒーダイエットです。【解説】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


【バターコーヒーとは】体脂肪を燃やす"ケトン体"回路の効果 健康的に痩せる飲み物

【バターコーヒーとは】体脂肪を燃やす"ケトン体"回路の効果 健康的に痩せる飲み物

バターコーヒーダイエットで健康的にやせられるのは、体脂肪が燃焼しやすい体質に変わるからです。私たちの体は2種類のエンジンで、活動するためのエネルギーを生み出しています。一つめが「糖質回路」、二つめが「ケトン体回路」です。【解説】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


【疲れる・だるい】原因は糖質 「生クリームコーヒー」でケトン体質に 疲労感から解放

【疲れる・だるい】原因は糖質 「生クリームコーヒー」でケトン体質に 疲労感から解放

高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。【体験談】元木陽子さん(46歳・パートタイマー)


【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

近年、「糖質制限」という言葉がかなり一般的になり、ダイエット法や健康法として広く認知されるようになりました。しかし、一つ誤解を生んでいます。それは糖質は完全に悪で、糖質制限をするならいっさいの糖質を断たねばならないと思い込んでいる人が多いことです。【解説】畠山昌樹(第2本郷整形外科皮膚科院長)


【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【MCTオイルとは?】ケトン体ダイエットのやり方と効能効果、お勧めの使い方を医師が解説

【MCTオイルとは?】ケトン体ダイエットのやり方と効能効果、お勧めの使い方を医師が解説

私は、2013年7月から「MCTオイル」ダイエットを始めました。私なりにMCTオイルを研究し、理論上のレシピが実行可能か、自分の体で試してみることにしたのです。その結果、82kgあった体重は5カ月で18kg落ちて、64kgになりました(身長は165cm)。【解説】畠山昌樹(医師)


【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)


【やってみた】MCTオイルをコーヒーに入れて飲むのを習慣にしたらダイエットできた

【やってみた】MCTオイルをコーヒーに入れて飲むのを習慣にしたらダイエットできた

「MCTオイル」がダイエットによいと聞き、試してみることにしました。私が実行したのは、朝食にMCTオイル入りのコーヒーを飲む方法です。作り方は、ホットコーヒーに、MCTオイルとグラスフェッドバターをスプーン1杯ずつ入れて、スプーンでかきまぜるだけ。【体験談】S・M(46歳・会社員・東京都)


【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

「MCTオイル」が今、ダイエットや健康、医療の現場でも脚光を浴びているのです。「MCT」とは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)の頭文字のこと。中鎖脂肪酸は脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)