脂質異常症に関する健康情報


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


【ダイエット】糖尿病・高血圧・メタボを改善する「蜂蜜シナモン」 月経困難症にも効果

【ダイエット】糖尿病・高血圧・メタボを改善する「蜂蜜シナモン」 月経困難症にも効果

シナモンとはちみつを組み合わせた「はちみつシナモン」を継続的に摂取すれば、糖尿病(Ⅱ型)、高血圧、脂質異常症の予防・改善に、大きな力を発揮してくれるはずです。特に期待できるのは、メタボの改善。実はシナモンだけでなく、はちみつもメタボ改善に役立つことがわかっています。【解説】平柳要(医学博士・食品医学研究所所長)


【熱中症の初期症状】実は脳梗塞と似ている 頭痛・吐き気・冷や汗・だるさの症状に注意

【熱中症の初期症状】実は脳梗塞と似ている 頭痛・吐き気・冷や汗・だるさの症状に注意

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【脂質異常症(高脂血症)とは】コレステロールって何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【脂質異常症(高脂血症)とは】コレステロールって何? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

脂質異常症(高脂血症)は、血液中に、コレステロールや中性脂肪などの脂質の量が多過ぎる状態をいいます。脂質が多いと、血液がいわゆるドロドロの状態になります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【甘酒】脂肪が燃焼してダイエットに効果的と実験で判明!

【甘酒】脂肪が燃焼してダイエットに効果的と実験で判明!

甘酒は、日本の伝統的な甘味飲料の一種です。最近では、酒かすをお湯で溶いたものではなく、麹だけで作った「麹甘酒」の健康効果に注目が集まっています。麹甘酒を摂取していれば、疲れの回復が早められることが明らかになりました。また、ダイエットにもぴったりです。【解説】樫村修生(東京農業大学教授・医学博士)


【シナモンの効能効果】毛細血管を修復し血圧、血糖値を下げる作用 コーヒーに入れて摂取

【シナモンの効能効果】毛細血管を修復し血圧、血糖値を下げる作用 コーヒーに入れて摂取

シナモン(桂皮)には毛細血管の老化や障害を抑制する作用があります。血圧や血糖値を下げる効果も期待できます。内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併しているメタボの方にお勧めです。ただし取りすぎは禁物。摂取量は1日10g以上は取らないようにしてください。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)