近視に関する健康情報


【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【パラ卓球・別所キミヱ選手】4回連続パラ五輪出場の秘訣は目と脳を鍛える「お手玉」

【パラ卓球・別所キミヱ選手】4回連続パラ五輪出場の秘訣は目と脳を鍛える「お手玉」

卓球は、返ってくる球に一瞬で反応しなければならないため、いちいち首を動かして見ていたのでは間に合いません。目だけを動かし、いかに素早く、広い範囲を見るかが重要になります。そこで、私は体幹を鍛えるために始めたお手玉に、文字を書くことを思いつきました。【解説】別所キミヱ(日本最年長の卓球選手)


スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


【乱視・老眼】目のトラブルを改善する「ペットボトル」呼吸のやり方

【乱視・老眼】目のトラブルを改善する「ペットボトル」呼吸のやり方

ペットボトル呼吸は、ペットボトルが一つあれば、すぐに始められます。近視、乱視、老眼、緑内障などすべての目のトラブルに効くペットボトル呼吸のやり方をお話します。【解説】今野清志(日本リバース院長)


【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!新聞の字が読めた

【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!新聞の字が読めた

鍼灸治療が目の病気や症状に対して一定の効果を上げることが、近年、わかってきました。老眼に対して鍼灸治療の現場でよく用いられるツボは、「光明」です。光明を刺激すると、胆のうと肝臓の働きがよくなり、目の調子がよくなると考えられているのです。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【失明リスクを避ける】近視は冬に悪化する?急増中の「強度近視」予防法を大学教授が解説

【失明リスクを避ける】近視は冬に悪化する?急増中の「強度近視」予防法を大学教授が解説

文部科学省の調査によると、現在、高校生の約6割以上、中学生の5割以上、小学生の3割以上が近視だといいます。近視は生活習慣や環境の影響を強く受ける病気です。また、発症年齢が低いほど悪化しやすいともいわれています。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【近視・老眼を改善】目のピント調節力を高める「目と首の温パック」で視力低下を予防できる

【近視・老眼を改善】目のピント調節力を高める「目と首の温パック」で視力低下を予防できる

「近視が進んで気になる」「緑内障が心配」「老眼で手元が見えづらい」こんな人に、ぜひお勧めしたいセルフケアがあります。それは、蒸しタオルなどで目を温める「目の温パック」です。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【視力向上トレーニング】視力低下の原因は "首猫背" 近視 老眼 乱視は体操で改善する

【視力向上トレーニング】視力低下の原因は "首猫背" 近視 老眼 乱視は体操で改善する

近視、老眼、乱視の原因の一つ「首猫背」。姿勢の悪さは、簡単な体操で改善することができます。その結果、視力回復、視力向上の効果が期待できます。さまざまな目の症状に効果のある、視力アップ体操を紹介しましょう。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【子供の視力回復に効果】安価なトレーニング法のやり方 仮性近視やスマホ老眼も改善

【子供の視力回復に効果】安価なトレーニング法のやり方 仮性近視やスマホ老眼も改善

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

整膚による大幅な血流の改善によって、患部に新たな酸素と栄養素が供給されます。もしも、そこにコリや痛みがあるなら、血液循環の改善によって、緩和されていくでしょう。【解説】蔡晶(世界整膚連盟整膚美容師会会長・整膚通信学院院長)


【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

目の特効ツボが数多く存在する場所は、顔です。顔を手の指でさする顔さすりは、最も簡単かつ効果的なセルフケア法といえます。緑内障・白内障・ドライアイ・眼精疲労・老眼・近視・斜視、それぞれの症状に対応したやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長)


【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授・健康教育学)


【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)