MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ストレッチに関する記事

表示順:
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
私が一念発起して、ヨガ教室に通い始めたのは、2年ほど前からです。以前から勧められていたのですが、「ヨガでひざ痛が治るの?」と半信半疑でした。「やはり、自分でも何かやらなくては」と思い、ヨガにまじめに取り組むことにしたのです。【体験談】成田彩子(仮名・山口県・66歳・主婦) 
更新: 2018-09-10 09:31:30
私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。すると、無用な脂肪がたまりやすくなるのです。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【体験談】あいかわももこ
更新: 2018-09-10 15:39:07
私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)
更新: 2018-09-06 17:06:53
ジャックナイフストレッチは、腰を反らせたときに痛い、という腰痛症状の対処にお勧めです。一方、前屈したときに腰が痛い人や、明らかにヘルニアのある人は、悪化する恐れがありますから、やらないでください。【解説】西良浩一(帝京大学医学部附属溝口病院 整形外科准教授)
更新: 2018-09-13 16:58:46
腰痛、ひざ痛、肩こり……これらは、日本人の多くが抱える症状です。その最も大きな原因として考えられるのは、ズバリ「姿勢の悪さ」ではないでしょうか。こうした痛みやこりを引き起こす姿勢の悪さとは、両肩が内側に入り込み、上半身が前方に倒れる、いわゆる「ネコ背」の姿勢なのです。【解説】関口賢治(鍼灸整骨院やわら院長)
更新: 2018-09-04 19:09:49
ひざの痛みで中高年者に最も多いのが、「変形性ひざ関節症」です。これは、加齢とともに、ひざの関節軟骨がすり減って炎症を引き起こすもので、水がたまって、ひざが腫れてくる例もあります。【解説】天本藤緒(自由が丘整形外科院長)
更新: 2018-10-04 15:37:06

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt