MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

肌トラブルに関する記事

表示順:
炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)
私は子どもの頃から便秘症で、お通じは2〜3日に1回しかなく、また、いくらいきんでも硬い便がコロコロッと出るだけなので、スッキリしません。いつも、おなかに残っている感じがありました。そんな慢性便秘が、玉ねぎヨーグルトを食べてしばらくすると、難なく解消したのです。【体験談】岡田菊枝(仮名・42歳・自営業)
短大に入って独り暮らしをしたとき、食生活の乱れからひどい便秘になってしまったのです。さらに肌荒れもあり、初恋の人から「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときはショックでした。私は、「便秘の決定打」を探し続け「わき腹呼吸」と出合ったのです。【体験談】奥村三和子(仮名・岡山県・38歳パート勤務)

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt