医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

視力に関する健康情報


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

「耳の穴もみ」を行うとその場で、視力の改善を実感する人も少なくありません。視力改善効果は一時的なもので、時間が経つと元に戻ってしまいます。しかし、毎日行うことで、上がった視力が定着することも期待できます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


体の中から目を良くする食事 眼科医監修【視界スッキリレシピ】

体の中から目を良くする食事 眼科医監修【視界スッキリレシピ】

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【監修】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


白内障を「番茶シップ」で改善 0.1の視力が1.0に向上した目を温める方法

白内障を「番茶シップ」で改善 0.1の視力が1.0に向上した目を温める方法

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践!

【視力回復】目のトレーニングのやり方 プロボクサー村田諒太選手も実践!

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


足の指のまた押しで視力0.02が0.7まで回復!メガネが不要!

足の指のまた押しで視力0.02が0.7まで回復!メガネが不要!

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【アーユルヴェーダ】脳マッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップ

【アーユルヴェーダ】脳マッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップ

首や肩に疲労がある場合、そこから地続きとなっている頭にも、同じくらいのストレスがかかっています。頭皮がストレスによって硬くなっていると、たいてい、その内側にある筋肉、頭蓋骨、さらには脳にまで不調が及んでいます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


脳を癒すアーユルヴェーダのヘッドマッサージ「脳マッサージ」のやり方

脳を癒すアーユルヴェーダのヘッドマッサージ「脳マッサージ」のやり方

頭蓋骨の外側と内側は「導出静脈」という血管で結ばれているため、外側の血流を刺激すると、内側にある脳の血流も促進できるのです。脳の血行の回復は、集中力を高め、ネガティブな感情をスッキリさせるなどにもつながると考えられます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

【三歳児検診】視力検査では弱視に注意!実は多い"近くが見えにくい子"

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


【高齢者の車の事故予防】原因は“目”! 周辺視を鍛えて目の機能低下を防ぐ

【高齢者の車の事故予防】原因は“目”! 周辺視を鍛えて目の機能低下を防ぐ

一般的に、人間の体に備わる機能は、使えば使うほど高まります。逆に、使わずにいれば衰えます。意識して使うことで、加齢による機能低下を食い止め、さらにはその機能を高めることもできるのです。目についても、この原則は当てはまります。【解説】鎌田芳夫(上野毛眼科院長)


スマホ老眼・近視・遠視の視力は「目のストレッチ」回復する!

スマホ老眼・近視・遠視の視力は「目のストレッチ」回復する!

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!

【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!

鍼灸治療が目の病気や症状に対して一定の効果を上げることが、近年、わかってきました。老眼に対して鍼灸治療の現場でよく用いられるツボは、「光明」です。光明を刺激すると、胆のうと肝臓の働きがよくなり、目の調子がよくなると考えられているのです。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方

頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方

蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。脳を活性化する簡単な方法があります。それは、蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


あごのズレが原因で腰痛に!体のバランスを整える「アウアウ体操」のやり方

あごのズレが原因で腰痛に!体のバランスを整える「アウアウ体操」のやり方

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


名医が勧める【酢納豆】は目の血栓を溶かす"視力若返り食材" 網膜血管閉塞症を改善

名医が勧める【酢納豆】は目の血栓を溶かす"視力若返り食材" 網膜血管閉塞症を改善

眼科医である私は、患者さんに納豆を広く勧めてきました。中でも積極的に勧めているのは、眼の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」という病気への効果です。納豆に酢を加えた「酢納豆」が特にお勧めです。納豆には血栓を溶かす働きがあり、血液をサラサラにする酢の効果と相まって高い効果が期待できます。【解説者】玉井嗣彦(日野病院名誉病院長)


【視力回復の方法】私は0.01が1.0に!「深い呼吸」で近視の視力がアップ

【視力回復の方法】私は0.01が1.0に!「深い呼吸」で近視の視力がアップ

「深い呼吸をしていると目の働きがよくなって、眼精疲労やドライアイはもちろん、視力もよくなってくるんですよ」こう言うと、たいていのかたはびっくりされます。なぜ、深い呼吸である視力回復呼吸をすると、視力が上がるのでしょうか。この疑問を解くカギは、血流が握っています。【解説】原久子(原アカデミー代表・鍼灸師)


視覚を鍛えるだけ!成績や仕事の効率がアップする!

視覚を鍛えるだけ!成績や仕事の効率がアップする!

見え方がよくなると、視力だけでなく、成績や仕事の効率がアップします。また、疲れにくい眼にもなります。その結果、生活が見違えるほど楽しくなったり、性格が前向きになったり、容姿まで若返ったりするなど、実践された人からは大変喜ばれています。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

【子供の視力低下】回復のカギは早期検査 弱視の原因と治療 トレーニングで改善

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授・健康教育学)


【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなる、目の前のおかずに気づかない

【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなる、目の前のおかずに気づかない

白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


子どもの近視(仮性近視)がよくなった!手作りの「クコの実酢」が効果

子どもの近視(仮性近視)がよくなった!手作りの「クコの実酢」が効果

私は子どもの頃から目が悪く、中学生時代にはすでにメガネを使っていました。最近は視力を測っていませんが、最後に測定したときは左右とも裸眼で0・06だったと思います。メガネなしでは、15㎝も離れたら、もう視界がボヤけてしまう状態です。【体験談】古澤ゆかり(仮名・団体職員・37歳)