MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ガスに関する記事

表示順:
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-22 10:02:07
悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)
更新: 2018-09-13 12:18:09
重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、便秘薬(下剤)に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。排便力の衰えに拍車がかかると「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスが溜まる(ガス腹)」といった症状が出てきます。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)
更新: 2018-06-24 23:26:41
私のクリニックでは、冬場と、梅雨から夏にかけて便秘で来院する患者さんが増えます。その原因は、冬場の寒さと、夏場のエアコンの冷気。腸が冷え、働きが抑制されるからです。そんな人のために考案したのが、便秘を改善する「オリーブココア」です。おならの悩みを解消する簡単体操も紹介します。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)
更新: 2018-09-11 17:13:08
年齢を重ねていくほど、深刻な問題になっていくお肌のトラブル。シミ、そばかす、ほおのたるみといった美容の悩みをお持ちの女性は少なくありません。年齢のせいにして美肌をあきらめているかたはいませんか。そんなかたはぜひ一度、手をもんだり押したりしてみてください。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)
更新: 2018-05-03 19:04:15
「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)
更新: 2018-09-13 17:17:54
女性に起こりやすいのが「ガス溜まり」です。腸内ガスは、それ自体が悪さをするわけではありません。問題は、溜まったガスが不快感を引き起こすことです。おなかが張る、痛む、おならがたくさん出るといった悩みに、簡単な解消法(ガス抜きポーズ)を紹介しましょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授)
更新: 2018-09-27 10:58:34
舞台のアクションの練習に「逆立ち」が取り入れられたのをきっかけに、1日に2〜3回、逆立ちをするようになりました。頭がスッキリしたり、体が軽くなったりする効果を感じられるので、好んでやっています。【体験談】水野美紀さん(女優)
更新: 2018-04-12 15:24:59
腸は本来、口から入ってきた食品を、とことん消化するしくみになっています。腸は筋肉でできているので、筋肉運動をして消化するわけです。楽に吸収できるものばかりを食べていると、筋肉を使う必要がないので筋肉運動をしなくなり、退化してペラペラに薄くなっていくのです。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)
更新: 2018-09-26 11:48:54
私が便秘に悩むようになったのは、30代半ばからでした。いちばんひどかったのは40歳前後のころで、1週間、2週間以上、便秘のこともありました。しかし、この呼吸法をするようになり、スルリと排便できるように。ガス腹、臭過ぎるおならにも効果的です。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)
更新: 2018-08-30 14:52:36