医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

カゼに関する健康情報


咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

インフルエンザの初期なら、私は麻黄湯という漢方薬を処方します。優れた解熱効果があり、インフルエンザの型によってはタミフル以上に有効だったと日本小児感染症学会で報告されています。インフルエンザは決して軽く見ることはできませんが、初期のうちに手当てをすれば怖くありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

私がユズに関心を持ったのは8年ほど前。地元である大阪府箕面市が勧める「地域資源活用プロジェクト」がきっかけでした。箕面市がユズの産地であることを知り、当時アロマセラピストとして活動していた私は、ユズからオイルを抽出できないかと考えたのです。【解説】岡山栄子(ゆらぎスタイル代表)


風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【コンコンと続く咳、痰が絡む】食事で風邪を早く治す!大根飴 & 風邪対策レシピ

【コンコンと続く咳、痰が絡む】食事で風邪を早く治す!大根飴 & 風邪対策レシピ

大根アメは主に、セキやタン、のどの痛み、声がれなど、気管支の症状に効果があるとして、古くから用いられてきました。漢方の考え方では、大根は体を冷やすとされ、抗炎症作用をもたらします。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

生のショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールには、強い殺菌効果と血流促進による発汗作用があり、免疫力アップも期待できるといわれています。【体験談】髙上実(髙上青果有限会社代表取締役ドクターベジフル)


風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【風邪・喉の痛みに効果】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛みに効果】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


免疫力を上げて風邪や口内炎を防ぐ“腸”のリンパを流す方法

免疫力を上げて風邪や口内炎を防ぐ“腸”のリンパを流す方法

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


【冷え性改善】「酢ショウガ」とは健康に役立つ万能調味料 疲労回復には水割りが効果てきめん!

【冷え性改善】「酢ショウガ」とは健康に役立つ万能調味料 疲労回復には水割りが効果てきめん!

私自身、10年近く前からこの酢ショウガを愛用して、健康に役立てています。 フードコーディネーター、料理教室、企業の栄養指導などの仕事のほかに、家では主婦として家事もこなす毎日、朝から深夜まで忙しくしていますが、それでも元気なのは、酢ショウガのおかげだと思うのです。【解説】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


歯周病を予防する「舌回しエクササイズ」!「舌力」を高めて唾液を分泌!

歯周病を予防する「舌回しエクササイズ」!「舌力」を高めて唾液を分泌!

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。【解説】宝田恭子(宝田歯科医院院長)


【医師解説】緑茶の摂取で得られる健康効果 朝はホット夜は水出し

【医師解説】緑茶の摂取で得られる健康効果 朝はホット夜は水出し

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。 カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック 東京・日本橋院長)


現代人の不快症状を一掃する【ヨガの呼吸法】鼻づまりを解消し脳を活性化!

現代人の不快症状を一掃する【ヨガの呼吸法】鼻づまりを解消し脳を活性化!

ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


【血糖値が正常値に下がった】玉ねぎのオイル漬けは親子三代に伝わる健康常備食

【血糖値が正常値に下がった】玉ねぎのオイル漬けは親子三代に伝わる健康常備食

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


便秘を改善!10kg20kgスルリとやせる!【玄米スープ】アレンジレシピ

便秘を改善!10kg20kgスルリとやせる!【玄米スープ】アレンジレシピ

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

おばあちゃんから、そのひ孫に当たる小学生まで、親戚一同がこぞって実践している健康法が、「大根アメ」です。私が物心ついたときから、おばあちゃんはいつも大根アメを作っては舐めていました。これを私が口にしたのは、中学生のときに、ひどいカゼをひいたのがきっかけです。【体験談】天童よしみ(歌手)


【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

【スープのある暮らし】健康とは、おいしいものを笑顔で食べられること

家族の食卓をあずかる主婦にとって、毎日の食事作りはシンプルに済ませたいもの。2年ほど前から私のお助け料理になったのが、野菜スープ(ファイトケミカルスープ)。スープを飲むようになってから、カゼを引かなくなり、長引かなくなりました。80代の父と母も、高齢にもかかわらず元気です。【解説】藤本厚子(アツコアカデミー代表)