白内障に関する健康情報

白内障に関連するキーワード

白内障の予防 白内障の原因
>>白内障に関連するキーワード一覧

2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

2日で作れる健康薬酒【タマネギワイン】が人気の理由

今タマネギワインが大変な人気です。タマネギと赤ワインを使って、わずか2日で作れる手軽さと、毎日少量飲むだけで効果が得られるというのが、人気の秘密のようです。糖尿病や高血圧などの改善だけでなく、なんとなく体がだるい、などの半健康状態の人の健康増進や、病気の予防に役立ててください。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)


老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

私は50代の今も、裸眼視力は左右とも1・5を維持しています。この「目の若さ」の秘訣は、16歳からしているサングラス。紫外線が原因となる眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性を防ぐには、目を守るサングラスが必須です。もう1つは、ピント調整力を強化し、外斜視を矯正する「指先ストレッチ」です。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長) 


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【医師解説】玉ねぎの健康効果 血糖値だけでなく血圧も下げる その理由

【医師解説】玉ねぎの健康効果 血糖値だけでなく血圧も下げる その理由

実際にタマネギをどれほど食べれば効果が期待できるのでしょう。脂質異常症、高血圧、糖尿病、気管支ぜんそくの改善、骨粗鬆症の予防などには1日に50gが目安です。つまり、中玉なら、4分の1個で十分です。においの強いタマネギほど効果も高いようです。【解説】斎藤嘉美(介護老人保健施設 むくげのいえ 施設長・元東京大学医学部講師)


【医師監修】作り置き「酢玉ネギ」は血圧や血糖値を下げる健康食 作り方と食べ方を紹介

【医師監修】作り置き「酢玉ネギ」は血圧や血糖値を下げる健康食 作り方と食べ方を紹介

古来、タマネギは、さまざまな薬効を持つ食材として珍重されてきました。そのタマネギの薬効を高める方法として、私がお勧めしているのが、「酢タマネギ」です。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【医師解説】白内障手術の費用、タイミングについて 眼内レンズ・病院の選び方も紹介

【医師解説】白内障手術の費用、タイミングについて 眼内レンズ・病院の選び方も紹介

白内障は、手術をすれば視力が回復する病気です。焦って手術を受ける必要はありませんが、視力が落ちて不便な状態を長く我慢するよりは、適切な時期に手術を受けたほうが、QOL(生活の質)を高めて、快適に過ごすことができます。【解説】吉野健一(吉野眼科クリニック院長)


【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

白内障は老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。【解説】村上茂樹(順天堂大学客員教授、むらかみ眼科クリニック院長)


【視力回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要になった

【視力回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要になった

スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ


【医師解説】朝の「人参ジュース」は老眼、かすみ目、飛蚊症、白内障、黄斑変性によく効く

【医師解説】朝の「人参ジュース」は老眼、かすみ目、飛蚊症、白内障、黄斑変性によく効く

人参のβ-カロテンは、体内に入るとビタミンAに変わります。ビタミンAは、疲れ目や夜盲症の予防に有効で、視力改善の効果も期待できます。皮膚や粘膜を強化する効果もあり、ドライアイにも有効です。加齢黄斑変性に対しても、ニンジンジュースはお勧めできます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング