MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

かすみ目に関する記事

表示順:
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
ある日、いつものように食事をしたあと、なにげなく新聞を読んでいました。しかし、その最中に、老眼鏡を忘れていたことに気づいたのです。私は、「自分が老眼鏡なしで、何不自由なく新聞を読んでいる」事実に驚きました。これも、まぶたつまみのおかげなのは間違いありません。【体験談】中井宏二(神奈川県・76歳・自営業)
更新: 2018-08-26 18:00:00
私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)
更新: 2018-08-19 08:15:10
近年、「加齢黄斑変性」という目の病気が注目されています。この病気は欧米人に多く、日本人には比較的少ない病気でしたが、高齢化や食生活の欧米化、光環境の激変などによって日本でも急増しています。【解説】玄真(北あやせよつば眼科院長)
更新: 2018-09-08 18:10:14
心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)
更新: 2018-09-10 17:15:13
近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2017-12-18 07:24:16
目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)
更新: 2018-08-30 11:33:40