MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

慢性疲労症候群に関する記事

表示順:
病気というほどではなくても慢性疲労、倦怠感に悩まれている人には、特にお勧めです。私自身、コンニャク湿布を行うたびに、その優れた疲労回復効果を実感しています。ぐっすり眠れて、朝はスッキリと起きられるのです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)
私のクリニックでは温熱療法を取り入れています。体が温かくなると自律神経の働きがよくなり、内臓の機能が改善するからです。すると、免疫力が高まって生活習慣病であるガンはもとより、精神疾患、慢性疲労症候群や線維筋痛症などの難病に至るまで治療効果が現れます【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所院長)

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt