MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

食べる順番に関する記事

表示順:
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
食物繊維が多い食材には、海藻やキノコがありますが、私が勧めているのは「大豆」です。大豆には100gあたり約18gの食物繊維が含まれています。食物繊維が多いイメージのゴボウが5.7gですから、大豆は数ある食材の中でもトップクラスです。また、たんぱく質が豊富なところも特長です。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)
更新: 2018-09-11 01:16:28
糖尿病は「食べ過ぎが原因の肥満した人の病気」だと思われていますが、「栄養不足」が高血糖を引き起こし、糖尿病になるのです。「飽食の現代に栄養不足?」と疑問に思うかもしれません。食事療法などを指導した糖尿病患者さんの9割に血糖値の改善効果が出ていることからも、原因の一つだと考えられます。【解説】笠原友子(薬剤師)
更新: 2018-09-04 18:43:49
「食べ順療法」は、極端にいえば、食事の最初にまず野菜を食べる、それだけでよいのです。ただ、より確実な効果を得るために押さえておきたいコツがあります。普段、糖尿病の患者さんに食事指導をしている管理栄養士の立場からお話ししましょう。【解説】今井佐恵子(京都女子大学家政学部食物栄養学科教授農学博士・管理栄養士)
更新: 2018-08-29 12:41:46
私が提案しているのが「食べる順番療法」です。野菜→おかず→ごはんの順番に食べることで、食後の血糖値の急上昇を防ぐ療法です。食べ順療法を続けると、少ないインスリンを分泌する能力自体が改善します。そのため、減薬やインスリン注射を卒業することも可能なのです。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)
更新: 2018-08-29 12:37:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt