睡眠障害に関する健康情報


【夜間頻尿】原因は「足のむくみ」たまった水分を排出させる生活習慣4

【夜間頻尿】原因は「足のむくみ」たまった水分を排出させる生活習慣4

夜、眠りについた後に、排尿のために1回以上起きなければならず、そのことで日常生活に支障をきたしている状態を「夜間頻尿」といいます。実は、あまり知られていませんが、夜間頻尿の原因として「足のむくみ」が関係していることもあるのです。【解説】高橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長・泌尿器科部長)


【眠りトラブルQ&A】寝入りばなのこむら返り、悪夢・歯ぎしり対策は?よく眠れる本は?

【眠りトラブルQ&A】寝入りばなのこむら返り、悪夢・歯ぎしり対策は?よく眠れる本は?

入眠時の痛みを伴うこむら返り、悪夢や金縛り、歯ぎしりで目が覚めてしまうなど、睡眠にまつわる悩みは多岐にわたります。ここでは、これらの眠りトラブルの原因、そして、質の高い「眠り」のために心がけたい生活習慣や対策法をご紹介します。【解説】遠藤拓郎(慶應義塾大学医学部特任教授・スリープクリニック調布院長)


【逆流性食道炎】は「禁煙」で治る!?タバコを吸う人はなりやすいと判明

【逆流性食道炎】は「禁煙」で治る!?タバコを吸う人はなりやすいと判明

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし生活の質が大きく下がります。【解説】藤原靖弘(大阪市立大学大学院医学研究科教授)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠できる?幼稚園児がすぐに昼寝をした!

【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠できる?幼稚園児がすぐに昼寝をした!

今、日本人の約3割に、「よく眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害があるといわれています。高齢者になるとその割合はさらに増え、約半数にも及びます。整形外科医である私が睡眠の研究をするようになったのも、ひざや腰が悪いご高齢の患者さんから、睡眠の相談を受けることが多かったからです。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)


ゴールデンタイム、7時間睡眠、90分サイクル…不眠の原因はこの「こだわり」だった

ゴールデンタイム、7時間睡眠、90分サイクル…不眠の原因はこの「こだわり」だった

「眠れない」と訴える人が多いですが、治療が必要な人は7%程度と言われています。中途覚醒や入眠が困難な状態が週に3回以上、それが3カ月以上続き、日中の仕事などに支障をきたす場合は治療が必要です。一方で睡眠自体に不安を持っている人も多く眠りへのこだわりが不眠の原因になっているのです。【解説】櫻井武(筑波大学医学医療系教授)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)