医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

酢に関する健康情報


黒酢の飲み方に工夫!毎朝の「黒酢みそ汁」が子どもの風邪予防や私の便秘改善に役立った

黒酢の飲み方に工夫!毎朝の「黒酢みそ汁」が子どもの風邪予防や私の便秘改善に役立った

幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)


若すぎる!早見優が「氷酢タマネギ」を実践!血管年齢はどう変わった?

若すぎる!早見優が「氷酢タマネギ」を実践!血管年齢はどう変わった?

チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)


【シジミ・アサリ】貝入りみそ汁には「酢」をプラス!カルシウム3倍増・降圧効果も

【シジミ・アサリ】貝入りみそ汁には「酢」をプラス!カルシウム3倍増・降圧効果も

今回注目したいのは、食材からカルシウムを溶出させ、吸収を促す酢の作用です。酢を入れた水で殻つきの貝を煮ると、殻に含まれるカルシウムが酢の成分と結びついて、煮汁に溶け出します。酢を入れずに煮た場合と比べると、3倍以上ものカルシウムが溶け出すことがわかりました。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

「みそ汁を飲みなさい。そんな肌荒れくらい、すぐに治るよ」と勧められたのも、みそ汁を飲む大きな動機となりました。翌日から、毎日みそ汁を飲みました。すると、ボロボロだった肌が2ヵ月で生まれ変わったのです。便秘も解消して、毎日快腸です。冷え症も改善し、真冬でも手足の冷えを感じません。【体験談】藤本智子(ミソガール)


ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

実をいうと私も、20年ほど前から、みそ汁に酢を入れています。きっかけは、お仕事でごいっしょした先輩が、みそ汁に酢を入れるのを見たことでした。意外な組み合わせに驚きましたが、お酢好きの私は、すぐにまねをしました。すると予想を上回るおいしさだったのです。それ以来、みそ汁には必ず酢を入れています。【体験談】秋本奈緒美(女優)


味噌汁に酢を入れると健康効果アップ!絶品「酢みそ汁」12のアレンジレシピ

味噌汁に酢を入れると健康効果アップ!絶品「酢みそ汁」12のアレンジレシピ

「酢が苦手」「酢の使い方がわからない」という人でも、みそ汁に入れると酸味が和らぐので、無理なく摂取できます。内臓脂肪を減少させて血圧を下げる酢と、血管を若返らせ、美肌効果が高いみその組み合わせは、最強の病気撃退食といえるでしょう。【料理・スタイリング】村山瑛子(料理研究家)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれています。皮膚の真皮層にあるコラーゲンは、加齢とともに少しずつ減少していきます。すると、肌のハリや弾力が失われ、シワもできやすくなります。こうした肌の老化を防ぐためには、ビタミンCをたっぷりとって、コラーゲンの生成を促進させることが重要です。【解説】杉野宏子(青山エルクリニック院長)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

ゴーヤに含まれる栄養素で特徴的なのは、ゴーヤ特有の苦み成分である、モモルデシンという物質です。モモルデシンには、血圧や血糖値を下げる作用があるとされ、生活習慣病の予防にも役立ちます。また、ゴーヤは各種ビタミンやミネラルも豊富です。なかでも多いのがβカロテンとビタミンCです。【解説】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


「酢大豆」でお腹がスッキリ!食事で体を内側から整えよう

「酢大豆」でお腹がスッキリ!食事で体を内側から整えよう

酢大豆は、酢だけでなく、良質なたんぱく質を豊富に含む大豆も同時に摂取できます。食物を口から摂取するという行為は、いわば「食の整体」といえるでしょう。取り入れられた栄養素が、体の内部から全身の違和やゆがみを整えてくれる、という考え方です。【解説】中村守(盛岡せんぼくバランス治療院院長)


【酢大豆の効果効能】抗酸化・抗糖化作用で老化や病気を防ぐ最強の健康常備菜

【酢大豆の効果効能】抗酸化・抗糖化作用で老化や病気を防ぐ最強の健康常備菜

大豆は「畑の肉」と呼ばれるとおり、優れたたんぱく源です。ほかにも、レシチンやサポニン、イソフラボンといった有効成分が多く含まれています。そして、大豆と酢には、酸化と糖化を抑える働きがあることも忘れてはなりません。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)


食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

変化は早くも2日目に現れました。便通が1日に3回もあったのです。それまで自分が便秘という意識はありませんでした。同時に食欲が自然と収まり、ドカ食いをしなくなりました。意味なく食べないというか、おなかがぐうっと鳴るまで、食べなくても平気でいられるようになったのです。【体験談】大城さちこ(仮名・派遣社員・52歳)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

冷えを取って毒素排出!血流を整える【酢ショウガ活用レシピ】

酢ショウガの効果を得るためには、日々続けることが重要です。だから、なるべく簡単な方法がいい。そして、健康効果が高ければなおGOOD。そんな酢ショウガの食べ方を、酢ショウガのエキスパート石原新菜先生に伺いました。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


糖尿病専門医が太鼓判!「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

糖尿病専門医が太鼓判!「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)