体操・マッサージ・ストレッチに関する健康情報


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【ダイエット】私は「耳ひっぱり」で体重9kg ウエスト10cm減!美容にも役立つと患者さんにも好評

【ダイエット】私は「耳ひっぱり」で体重9kg ウエスト10cm減!美容にも役立つと患者さんにも好評

私が「耳ひっぱり」を知ったのは、飯島敬一先生が主催する「神門メソッド」の体験会がきっかけでした。神門メソッドは、耳をひっぱることで、耳にある神門というツボを刺激します。自分で体験してみて、神門を刺激する効果のすばらしさに感動しました。【解説】土肥雪彦(医療法人あかね会土谷総合病院 顧問・広島大学名誉教授)


【ストレス解消】免疫力アップには腸を軟らかくする「足首回し」がお勧め ポイントと正しいやり方

【ストレス解消】免疫力アップには腸を軟らかくする「足首回し」がお勧め ポイントと正しいやり方

まずは基本姿勢を確認してください。正しい姿勢から「足首回し」(横8の字)を行うと、その振動は腸だけでなく全身に伝わります。足首回しを行った後は、背骨の歪みを矯正するために、「背伸びの運動」を行います。【解説】畑田愁次(足助式医療體操協会登録指導講師)


【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

「指そらし」で脳の血流が激増して物忘れがなくなり会話がすれ違う認知症も大改善!仕事の効率アップ!どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


【認知症が改善】失禁もなくなった!脳の血流の循環をよくする「指そらし」とは

【認知症が改善】失禁もなくなった!脳の血流の循環をよくする「指そらし」とは

手を刺激することは簡単な脳の刺激法になると、私は考えています。そして、手の刺激は、患者さん自身も行うことが可能です。指そらしはいつでも、1日何回行ってもかまいませんが、お勧めは寝る前です。ストレスで縮こまった体を、1日の最後に開放しましょう。【解説】德永勝哉(ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【ヘルスケア】実は「手相」は体調管理に役立つ 体のSOSはこの線を見るとよい!

【ヘルスケア】実は「手相」は体調管理に役立つ 体のSOSはこの線を見るとよい!

手相には、その人が生まれもった体質や、現在の体の状態が現れます。手相に変化が合ったり、拇指球、小指球の血色が悪くなったりしたら、その部分をもみほぐしたり、生活習慣を改めたりして、健康維持に役立ててください。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長・医師)


【社会不安障害】あがり症対策に "ふくらはぎマッサージ" が効果 うつ病 不眠症も改善

【社会不安障害】あがり症対策に "ふくらはぎマッサージ" が効果 うつ病 不眠症も改善

心と体は密接な関係があり、自律神経のバランスがくずれると体を緊張させ、筋肉を硬くします。これが、首や肩、腰などがこりや痛みにつながりますが、この筋肉の緊張が顕著に現れやすいのが、実はふくらはぎなのです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・東洋英和女学院大学教授・医学博士)


【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

「耳に輪ゴム」で視力が上がった!不思議と不調や病気が次々改善!全身の健康状態は耳に現れていると言ってもいいでしょう。自分で耳を触ってみて、硬さやゴワゴワした感じがあったり、耳をもんだりすると、痛い部分がある人は注意が必要です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【腎臓病を改善するツボ】痛いほど強い“足裏もみ”で高血圧を改善 腎機能も回復する

【腎臓病を改善するツボ】痛いほど強い“足裏もみ”で高血圧を改善 腎機能も回復する

現在、日本では慢性腎臓病の患者数は1330万人と推計されています。これは、成人の約8人に1人に当たり、いまや新たな国民病となってきました。今回は、高血圧を改善し、腎臓病を予防する足の裏もみをご紹介しましょう。【解説】上田昌司(上田医院院長・新旭キリスト栄光教会牧師)


【五十肩 膝痛 腰痛が改善】医師も治療に活用する「整膚」の効果 不登校も治った

【五十肩 膝痛 腰痛が改善】医師も治療に活用する「整膚」の効果 不登校も治った

私は8年ほど前に「肌つまみ」と出合いました。肌を引っ張ると、皮下の血液や体液の流れがよくなり、すみずみの細胞にまで酸素や栄養物が供給され、老廃物をすみやかに除去できるようになるため、生き生きとした体がよみがえる。肌つまみのその理論は、納得できるものでした。【解説】角田朋司(つのだ小児科医院副院長)


【アーユルヴェーダ】頭のマッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップする!

【アーユルヴェーダ】頭のマッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップする!

首や肩に疲労がある場合、そこから地続きとなっている頭にも、同じくらいのストレスがかかっています。頭皮がストレスによって硬くなっていると、たいてい、その内側にある筋肉、頭蓋骨、さらには脳にまで不調が及んでいます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


【やり方】脳が癒されるアーユルヴェーダのヘッドマッサージ コツは“マルマ”を感じること

【やり方】脳が癒されるアーユルヴェーダのヘッドマッサージ コツは“マルマ”を感じること

頭蓋骨の外側と内側は「導出静脈」という血管で結ばれているため、外側の血流を刺激すると、内側にある脳の血流も促進できるのです。脳の血行の回復は、集中力を高め、ネガティブな感情をスッキリさせるなどにもつながると考えられます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)