アトピー性皮膚炎に関する健康情報

アトピー性皮膚炎に関連するキーワード

ステロイドのリバウンド症状
>>アトピー性皮膚炎に関連するキーワード一覧

【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

私は、小学5年生から30年以上、アトピー性皮膚炎に苦しんできました。顔、首、ひざやひじの内側に、ジュクジュクした湿疹ができ、かゆみで眠れないこともありました。紹介していただいた先生から、口呼吸の弊害を聞いたときは、唖然としました。思い当たることがいくつもあったからです。【体験談】刈部真紀(東京都●46歳●会社員)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

私の診療所では、保険診療をやめ、口腔内の治療以外に、食事改善の指導などを行っています。【解説】松見哲雄(松見歯科診療所院長・日本自律神経免疫治療研究会会員)、松見千奈美(松見歯科診療所食養指導管理士)


なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか?――パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨を弱くする!

なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか?――パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨を弱くする!

「パンと牛乳はやめてくださいね」 私は、日ごろの診療で、ほとんどの患者さんにこう告げています。当院は、患者さんたちの症状が、できるだけ根本から治癒していくように、さまざまな方法で治療していますが、なかでも治療のベースと位置づけているのが、食事指導です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


「腸内フローラ」を増やせば便秘ばかりか糖尿病、高血圧、認知症まで改善できる

「腸内フローラ」を増やせば便秘ばかりか糖尿病、高血圧、認知症まで改善できる

「腸内細菌」が、多くの病気や老化のカギを握るキーワードとして、今注目されています。腸内フローラとは何か、ご説明しましょう。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


アトピーのかゆみ、赤みがおさまる! 蒸しタオル療法で 不眠、イライラも消える

アトピーのかゆみ、赤みがおさまる! 蒸しタオル療法で 不眠、イライラも消える

アトピー性皮膚炎の人に対し、私はさまざまな生活改善の指導やアドバイスを行っています。その一つが、首を温めることです。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


解毒スープでバナナ便がスルッと出た!5kgやせた!花粉症やアトピーも大改善

解毒スープでバナナ便がスルッと出た!5kgやせた!花粉症やアトピーも大改善

解毒スープは、さまざまな症状に効果的です。特にアトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などのアレルギーで悩む方は、ぜひ試してください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング