MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

アトピー性皮膚炎に関する記事

表示順:
わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)
更新: 2018-11-07 18:00:00
発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)
更新: 2018-09-27 10:50:06
中学生のころからニキビに悩み、疲れがたまると吹き出物が出ていました。白ニキビを針でつぶしていたので毛穴が広がり、顔も赤ら顔になって人に素肌を見せられなかったのです。ハチミツでケアして1週間くらいしたころ母から「きれいになったわね」と生まれて初めて肌を褒められたんです!【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)
更新: 2018-09-27 10:53:20
肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2018-09-07 12:30:11
みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)
更新: 2018-09-05 10:55:44
日本が世界に誇れる和食の基本はなんといっても「天然のうま味のある出汁」です。ですが現在、手軽な顆粒だしやだしパックが、あたかも本来のだしと同様の物かのように売られていることに、私は心を痛めています。【解説】空閑亜紀(農家の嫁カンパニー代表、看護師・温だし考案者)
更新: 2018-09-03 18:32:52

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt