アトピー性皮膚炎に関する健康情報

アトピー性皮膚炎に関連するキーワード

ステロイドのリバウンド症状
>>アトピー性皮膚炎に関連するキーワード一覧

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの病気と思うのは大きな間違いです。全身の健康状態がよくないために、それが皮膚の症状となって現れているのです。患者さんの全身の健康状態を確かめる指標としているものがあります。それは下あごの骨の内側にある「顎下リンパ節」に痛みがあるかどうかということです【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【医師解説】免疫を高める「人参りんごジュース」は朝食置き換えがいい理由

【医師解説】免疫を高める「人参りんごジュース」は朝食置き換えがいい理由

私がニンジンリンゴジュースを勧める理由は2点あります。まず、液体なので、腸に負担をかけず栄養素を摂取できること。2点めは、ニンジンとリンゴが、ともに栄養価の高い食品であることです。ニンジンのカロテン、リンゴのポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。【解説】髙木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心神診療室院長)


【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

善玉菌を増やして腸内環境を改善し、健康な腸を保つために、私が皆さんにお勧めしているのが、「生甘酒」です。生甘酒は、酒かすから作る甘酒とは異なり、米こうじと水だけで発酵させて作ります。【解説者】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【レシピ】アレルギーや高血圧に効く 医師考案「玄米昆布スープ」

【レシピ】アレルギーや高血圧に効く 医師考案「玄米昆布スープ」

腸をキレイにしてアトピー撃退!私は朝食か昼食に、500mlほどの「玄米昆布スープ」を飲んでいます。玄米昆布スープとは、炒った玄米と昆布、梅干しを水で煮たスープです。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・富山大学医学部臨床教授)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

ミカンの皮とヨーグルトを組み合わせたら、花粉症の治療や、症状の緩和に効果が期待できるのではないか。私の研究室ではミカンの皮に含まれる成分と、牛乳に含まれる成分、それぞれに抗アレルギー作用があることを確認していたからです。「みかんの皮ヨーグルト」の作り方も紹介します。【解説】菅原卓也(愛媛大学大学院 農学研究科教授)


【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

私は、小学5年生から30年以上、アトピー性皮膚炎に苦しんできました。顔、首、ひざやひじの内側に、ジュクジュクした湿疹ができ、かゆみで眠れないこともありました。紹介していただいた先生から、口呼吸の弊害を聞いたときは、唖然としました。思い当たることがいくつもあったからです。【体験談】刈部真紀(東京都●46歳●会社員)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

私の診療所では、保険診療をやめ、口腔内の治療以外に、食事改善の指導などを行っています。【解説】松見哲雄(松見歯科診療所院長・日本自律神経免疫治療研究会会員)、松見千奈美(松見歯科診療所食養指導管理士)


なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか? 総合内科専門医がその理由を解説

なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか? 総合内科専門医がその理由を解説

「パンと牛乳はやめてくださいね」 私は、日ごろの診療で、ほとんどの患者さんにこう告げています。当院は、患者さんたちの症状が、できるだけ根本から治癒していくように、さまざまな方法で治療していますが、なかでも治療のベースと位置づけているのが、食事指導です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【辨野義己】「腸内フローラ」とは何か 腸内細菌を増やせば認知症まで改善できる

【辨野義己】「腸内フローラ」とは何か 腸内細菌を増やせば認知症まで改善できる

腸内フローラの乱れは、便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガン、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなど、実に多くの病気を引き寄せます。つまり、腸内フローラの改善によって、さまざまな病気を予防をすることができるのです。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


【医師解説】アトピーのかゆみ、症状が治まる「蒸しタオル療法」 副交感神経を優位に

【医師解説】アトピーのかゆみ、症状が治まる「蒸しタオル療法」 副交感神経を優位に

アトピーの人は、日常的に、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごの骨の内側にある顎下リンパ節を指で押すと、多くの人が強い痛みを感じます。これは、健康状態を確かめる一つの指標として、私が診察時に行っている検査法です。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


【対策】花粉症、アトピーを治す 医師が考案の【解毒スープ】の作り方

【対策】花粉症、アトピーを治す 医師が考案の【解毒スープ】の作り方

解毒スープは、さまざまな症状に効果的です。特にアトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症などのアレルギーで悩む方は、ぜひ試してください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング