MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

アトピー性皮膚炎に関する記事

表示順:
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
2年前の夏が終わる頃、突然アトピーが再発したのです。塩発酵キャベツのほか、発酵食品を頻繁に食べるようにしたら、いつの間にか、薬を飲まなくてもアトピーの症状が出なくなりました。皮膚には内臓の状態が出ると聞いているので、体の中から状態が改善されてきたのだと思います。【体験談】田口恭子(セラピスト・48歳)
更新: 2019-01-03 18:00:00
近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。【解説】大野博司(理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士)
更新: 2018-12-28 18:00:00
わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)
更新: 2018-11-07 18:00:00
発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)
更新: 2018-09-27 10:50:06
砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)
更新: 2018-09-12 10:44:28
中学生のころからニキビに悩み、疲れがたまると吹き出物が出ていました。白ニキビを針でつぶしていたので毛穴が広がり、顔も赤ら顔になって人に素肌を見せられなかったのです。ハチミツでケアして1週間くらいしたころ母から「きれいになったわね」と生まれて初めて肌を褒められたんです!【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)
更新: 2018-09-27 10:53:20
足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。痛みを感じる、などの部分が問題点です。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)
更新: 2018-09-09 16:18:44
肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2018-09-07 12:30:11
みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)
更新: 2018-09-05 10:55:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt