酢納豆の効果に関する健康情報


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


名医が勧める【酢納豆】は目の血栓を溶かす"視力若返り食材" 網膜血管閉塞症を改善

名医が勧める【酢納豆】は目の血栓を溶かす"視力若返り食材" 網膜血管閉塞症を改善

眼科医である私は、患者さんに納豆を広く勧めてきました。中でも積極的に勧めているのは、眼の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」という病気への効果です。納豆に酢を加えた「酢納豆」が特にお勧めです。納豆には血栓を溶かす働きがあり、血液をサラサラにする酢の効果と相まって高い効果が期待できます。【解説者】玉井嗣彦(日野病院名誉病院長)


【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

食生活の基本は、腸内環境を整えることです。腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。【解説】黒田愛美(クリントエグゼクリニック医師)


【酢納豆で高血圧を改善】血圧を下げる効果 内臓脂肪を減らし血糖値の上昇も抑える

【酢納豆で高血圧を改善】血圧を下げる効果 内臓脂肪を減らし血糖値の上昇も抑える

酢と納豆には、それぞれ多くの効能効果がありますが、その代表的なものが血管への効果、血圧の降下作用でしょう。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわるレニン・アンジオテンシン系というホルモンの調節機構を緩やかに抑制するのです。ここでは、酢納豆の作り方と食べ方をご紹介します。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


【酢納豆】福澤アナがお酢と納豆の食べ合わせにハマる理由 糖質制限メニューに最適

【酢納豆】福澤アナがお酢と納豆の食べ合わせにハマる理由 糖質制限メニューに最適

我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。利き酒師の資格を持っている妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。これがほんとうにおいしい!以来、我が家の定番です。【体験談】福澤朗(アナウンサー) 


【酢納豆の体験談】疲労が一晩で回復 納豆に酢を入れる酢納豆が私の元気の秘密

【酢納豆の体験談】疲労が一晩で回復 納豆に酢を入れる酢納豆が私の元気の秘密

私は今年89歳になりましたが周りの人たちが驚くほど元気です。酢納豆は、そんな私の健康を支えてくれています。毎朝5時半に起きてNHKのテレビ体操をするのが私の日課です。気功と太極拳の教室にも通っています。こうした運動ができるのもバランスの取れた食事のおかげだと自負しています。【体験談】今枝美代子(埼玉県・89歳・主婦) 


【酢納豆の効果】私は黒酢を入れています 乾燥肌が改善 北山たけしさんの酢納豆の作り方

【酢納豆の効果】私は黒酢を入れています 乾燥肌が改善 北山たけしさんの酢納豆の作り方

皆さんは「疲れたなぁ」というとき、どうしていますか?コンサートツアーが始まると、毎日全力投球です。私は、ツアーが始まる前日くらいから酢納豆を食事の中心にします。そうすると、疲れを持ち越さずに済み、毎日最高の状態でステージに立つことができるのです。【体験談】北山たけし(歌手) 


【酢納豆の作り方】酢納豆とは 納豆に酢を加えて腸内環境を整える食べ物 高脂血症に効果

【酢納豆の作り方】酢納豆とは 納豆に酢を加えて腸内環境を整える食べ物 高脂血症に効果

納豆に酢を加えると、独特のにおいが軽減してさっぱりした味になります。また、粘りが緩んでサラッとし、食べやすくなるのです。ですから、私の紹介する納豆レシピのほとんどに酢が入っています。納豆1パック(50g)に対し、酢は大さじ半分程度なので、酸っぱ過ぎることはありません。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家)