医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

貧血に関する健康情報


【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

いろいろな果物で作られるドライフルーツですが、なかでも手軽に食べられるのが干しブドウでしょう。それを酢に漬けた「干しブドウ酢」は、ほどよい酸味が加わっておいしくなるうえ、さまざまな健康効果が期待できます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【きな粉レシピ】効果を高める食材は牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁

【きな粉レシピ】効果を高める食材は牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大「きな粉レシピ」を紹介します。【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【ブロッコリーの栄養・美容効果】食べても塗っても役立つ!女医お勧めの活用術

【ブロッコリーの栄養・美容効果】食べても塗っても役立つ!女医お勧めの活用術

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【むずむず脚症候群は神経内科へ】原因・症状・治療法と生活上の注意点

【むずむず脚症候群は神経内科へ】原因・症状・治療法と生活上の注意点

夜、寝ようとすると、脚の奥にむずむずと不快な感じが起こり、なかなか寝付くことができない。飛行機などで長時間座っていると、脚がむずむずして、動かさずにいられなくなる……。もし思い当たるようなら、「むずむず脚症候群」かもしれません。【解説】中村真樹(睡眠総合ケアクリニック代々木院長)


便秘を改善!10kg20kgスルリとやせる!【玄米スープ】アレンジレシピ

便秘を改善!10kg20kgスルリとやせる!【玄米スープ】アレンジレシピ

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アンチエイジング】 貧血やダイエットに効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットに効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【ホルモンバランスを整える食べ物】 "小豆" シミやシワを防ぐ効果

【ホルモンバランスを整える食べ物】 "小豆" シミやシワを防ぐ効果

あずきは赤ワインの1・5〜2倍ものポリフェノールが含まれており、抗酸化力は抜群。ガンをはじめとする生活習慣病や動脈硬化、シミ、シワを予防します。また豊富なサポニンの効果で、コレステロールや中性脂肪の増加を防ぎ、血栓や動脈硬化の原因を抑制します。利尿効果もありむくみを防ぎます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


すぐに【30cmの便が出た】便秘解消に効く食べ物 "大根と人参のスープ" 発見

すぐに【30cmの便が出た】便秘解消に効く食べ物 "大根と人参のスープ" 発見

「切り干し大根スープ」は主にダイエットに役立ち、「大根ニンジンスープ」は便秘の特効薬とされています。2種類の大根スープについて、食事療法を勧める医師の立場から解説します。体型や体質で使い分ければ、より大根の効果が得やすくなるのです。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【貧血】干しブドウ酢は鉄欠乏性貧血にお勧め ヨーグルトと組み合わせると良い

【貧血】干しブドウ酢は鉄欠乏性貧血にお勧め ヨーグルトと組み合わせると良い

これまで私は、鉄欠乏性貧血の患者さんにはもちろん、鉄分が不足しがちな女性の患者さんにも、干しブドウをお勧めしてきました。私自身も干しブドウが大好きで、普段からよく食べています。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)