MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

美顔に関する記事

表示順:
「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)
更新: 2018-10-06 18:00:00
多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)
更新: 2018-09-09 00:58:26
「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)
更新: 2018-09-11 12:16:55
表情グセを正して、使っている筋肉と使っていない筋肉の差をなくし、シワやたるみを解消するのが顔ヨガです。たるみを取り除く外科的な手術もありますが、顔の動かし方が変わらなければ、また同じところにたるみが出てきます。【解説】間々田佳子(顔アスリート)
更新: 2018-09-04 17:10:37
1回10秒! 表情グセを正して顔のたるみ、ほうれい線、シワを取る「顔ヨガ」をご紹介します。顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。早ければ1~2週間で変わり始めます。ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。【解説】間々田佳子(顔アスリート)
更新: 2018-09-04 17:13:20
初対面の人の第一印象はおよそ7秒で決まります。わずかな時間に「顔」や「見た目」で、いかに好印象を与えるか――。今回ご紹介するストロー呼吸美顔術をすると顔の筋肉が自然に動くようになり美しい笑顔に導きます。さらに、シミ、そばかす、クマ、二重あご等のお悩みを解消する効果もあります。【解説】服部彩香(魅せ方プロデューサー)
更新: 2018-09-27 15:51:53
私はリフレクソロジー(足裏の反射療法)で、お客さまの体調を整えています。その中で気が付いたのが、足裏の状態が悪い人は、ほぼ間違いなく、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、硬かったりします。特にほぐしにくいのが、ふくらはぎの前面、つまり「すね」なのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)
更新: 2018-09-03 17:19:25

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt