頭痛に関する健康情報


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

【冷え性改善】実は「夏」が一番冷えやすい!“生姜”を活用すれば冷たい飲み物もOK!

生のショウガに多く含まれているジンゲロールは、末梢の血管を拡張させて血行をよくし、体を温める効能があります。頭痛や吐き気を抑え、殺菌作用や胆汁の分泌を促進する作用があり、免疫力のアップ、抗ガン効果も確認されています。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【1円玉療法】ツボ合谷に貼れば老化を予防・歯痛を和らげる効果 88歳の私は毎日実践!

【1円玉療法】ツボ合谷に貼れば老化を予防・歯痛を和らげる効果 88歳の私は毎日実践!

私が30年以上前から推奨する1円玉療法は、鍼治療と同等の効果が期待できる健康法です。そのやり方は実に簡単です。ツボや、痛みやこりなどの症状が出ている患部の皮膚上に1円玉をはり、テープで留めておくだけです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【アーユルヴェーダ】頭のマッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップする!

【アーユルヴェーダ】頭のマッサージで全身の不調を改善 血流も集中力もアップする!

首や肩に疲労がある場合、そこから地続きとなっている頭にも、同じくらいのストレスがかかっています。頭皮がストレスによって硬くなっていると、たいてい、その内側にある筋肉、頭蓋骨、さらには脳にまで不調が及んでいます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


【やり方】脳が癒されるアーユルヴェーダのヘッドマッサージ コツは“マルマ”を感じること

【やり方】脳が癒されるアーユルヴェーダのヘッドマッサージ コツは“マルマ”を感じること

頭蓋骨の外側と内側は「導出静脈」という血管で結ばれているため、外側の血流を刺激すると、内側にある脳の血流も促進できるのです。脳の血行の回復は、集中力を高め、ネガティブな感情をスッキリさせるなどにもつながると考えられます。【解説】宮崎陽子(チャンピサージ日本代表講師・L.C.I.C.I. JAPAN代表)


【ダイエット効果】生活習慣病の患者さんたちが2週間で2kg痩せ「酢生姜」とは 私自身も10kg減!

【ダイエット効果】生活習慣病の患者さんたちが2週間で2kg痩せ「酢生姜」とは 私自身も10kg減!

酢ショウガは、ダイエットにも抜群の効果を発揮します。当クリニックで高血圧や糖尿病など、生活習慣病の改善を目的に酢ショウガを食べている患者さんは、平均すると2週間で2kg程度やせています。酢ショウガが肥満解消に働きかけるメカニズムをご紹介しましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【やり方とコツ】頭痛や肩こりが改善!自律神経が整ってリラックスできる「耳ひっぱり」

【やり方とコツ】頭痛や肩こりが改善!自律神経が整ってリラックスできる「耳ひっぱり」

私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【体験談】「頭痛ダイアリー」で判明した痛みの原因 予防できるようになった!

【体験談】「頭痛ダイアリー」で判明した痛みの原因 予防できるようになった!

私は高校生のころから、頭痛に悩まされるようになりました。やたらと生あくびが出ると思ったら、それが頭痛の起こる前兆です。しばらくすると、頭がズキズキと痛みだします。吐き気も伴い、ひどいときには、実際に吐いてしまうこともありました。【体験談】田中涼子(仮名・31歳・歯科衛生士)


【頭痛対策】頭痛・片頭痛に効く食べ物レシピ 専門医が勧める食事療法(1)

【頭痛対策】頭痛・片頭痛に効く食べ物レシピ 専門医が勧める食事療法(1)

頭痛の発症には、さまざまな要因が絡んでいます。睡眠不足、生活リズム、薬の多用、ストレス……そして、食事です。ここでは、頭痛専門医監修のもと、症状の改善に役立つ食材をふんだんに使ったレシピをご紹介します。【監修】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【頭痛対策】頭痛・片頭痛に効く食べ物レシピ 専門医が勧める食事療法(2)

【頭痛対策】頭痛・片頭痛に効く食べ物レシピ 専門医が勧める食事療法(2)

近年の調査によると、国民の3~4人に1人が、慢性的な頭痛に悩まされています。まさに国民病といえるでしょう。ここでは、頭痛専門医監修のもと、症状の改善に役立つ食材をふんだんに使ったレシピをご紹介します。【監修】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【頭痛対策】頭痛・片頭痛に効く食べ物レシピ 専門医が勧める食事療法(3)

【頭痛対策】頭痛・片頭痛に効く食べ物レシピ 専門医が勧める食事療法(3)

国民病ともいえる「頭痛」。それにも関わらず、頭痛は社会的に「病気」とは認知されていません。市販の鎮痛薬を飲んで痛みが治まるまで耐えてる方も多いのではないでしょうか。ここでは症状の改善に役立つ食材をふんだんに使ったレシピをご紹介します。【監修】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【自律神経の乱れを治す】やる気がでない、キレやすい 不定愁訴はおでこを冷やすと改善する

【自律神経の乱れを治す】やる気がでない、キレやすい 不定愁訴はおでこを冷やすと改善する

長年、患者さんたちの心身の不調を総合的に癒やす治療法や、薬に頼らない治療法の開発に取り組んできました。そういった「薬に頼らない」健康法の一つとして、「おでこ冷やし」は、とても優れていると思います。【解説】丸山修寛(丸山アレルギークリニック院長)


【頭痛が治らない】なかなか改善しない原因は“冷え”と“自律神経の乱れ” 対策は「足の指もみ」

【頭痛が治らない】なかなか改善しない原因は“冷え”と“自律神経の乱れ” 対策は「足の指もみ」

頭痛に悩まされている患者さんの場合、頭痛の引き金となった事故やケガのショック、さまざまなストレス、悪い生活習慣などの影響で、自律神経のバランスがくずれています。自律神経の乱れが、頭痛に併発する吐き気やめまいを引き起こしています。それが、頭痛を治りにくくしているのです。【解説】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院銀座院院長)


【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善した

【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善した

私が首を傷めたのは、2016年11月のことでした。階段で足を滑らせて、首を強打したのです。それから四六時中、頭が痛むようになりました。嘔吐こそしませんが、ひどい吐き気があり、特に夕方以降、頭痛がひどくなります。寝るときも痛み続け、痛みをこらえながら眠るような日々でした。【体験談】内村加奈子(仮名・51歳・造形作家)


【頭痛を改善】鎮痛薬に頼らないセルフケア ひじやおでこを“冷やす”「冷却療法」とは

【頭痛を改善】鎮痛薬に頼らないセルフケア ひじやおでこを“冷やす”「冷却療法」とは

私は、10年以上前から、薬に頼らない頭痛の解消法を研究してきました。それは、私がひどい頭痛持ちだったからです。当時は医学の知識もなく、しかたがないので、鎮痛薬を服用してのちに、整骨院を開業している父の施術を受けるようになり、それをヒントに試行錯誤し、最終的には頭痛を克服できました。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【体験談】吐くほど辛い頭痛が改善 ひじやおでこを冷やしたら鎮痛薬と決別できた!

【体験談】吐くほど辛い頭痛が改善 ひじやおでこを冷やしたら鎮痛薬と決別できた!

私は小学生のころからの頭痛持ちで、大人になってからは鎮痛薬を手放せなくなりました。薬を飲まずに我慢すると、吐くこともあるのです。頭痛がよく起こるのは、生理中やその前後です。便秘をしたときや寝不足、寝過ぎのときにも起こりました。【体験談】今田恭子(仮名・48歳・看護師)


【ぎっくり腰・ひざ痛】は神経の老化現象“流れ過ぎ”が原因

【ぎっくり腰・ひざ痛】は神経の老化現象“流れ過ぎ”が原因

神経の老化が万病につながるということを、詳しく説明していきましょう。神経の老化現象が引き起こす症状は、大きく三つに分けられます。三つ目は、電気信号が一気に流れ過ぎて、神経が興奮状態になって起こる症状です。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


【要注意】最近字が下手になった、つまづきやすい? 多くの不調の原因「神経の老化」の予防と対策

【要注意】最近字が下手になった、つまづきやすい? 多くの不調の原因「神経の老化」の予防と対策

私は脳神経外科医として、これまでに延べ39万人に上る患者さんを診てきました。その経験から、神経は命をつなぐ生命線だと考えています。頭痛、腰痛、耳鳴りから高血圧や便秘まで、あらゆる病気や体の不調の元凶は、「神経の老化」だと言っても過言ではありません。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


【体験談】3日に1度の激しい頭痛が「首ユラユラ体操」で改善 鎮痛薬の減薬に成功!

【体験談】3日に1度の激しい頭痛が「首ユラユラ体操」で改善 鎮痛薬の減薬に成功!

私はそれまで、整骨院や整体など、数多くの治療院に通ってきました。しかし残念ながら、自分にピッタリと思えるところがなかなか見つかりません。どこも1~2回行くだけで、また別の治療院を探す、というのをくり返してきました。【体験談】太田頼子(仮名・58歳・会社員)