医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

みそ汁に関する健康情報


ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

実をいうと私も、20年ほど前から、みそ汁に酢を入れています。きっかけは、お仕事でごいっしょした先輩が、みそ汁に酢を入れるのを見たことでした。意外な組み合わせに驚きましたが、お酢好きの私は、すぐにまねをしました。すると予想を上回るおいしさだったのです。それ以来、みそ汁には必ず酢を入れています。【体験談】秋本奈緒美(女優)


味噌汁に酢を入れると健康効果アップ!絶品「酢みそ汁」12のアレンジレシピ

味噌汁に酢を入れると健康効果アップ!絶品「酢みそ汁」12のアレンジレシピ

「酢が苦手」「酢の使い方がわからない」という人でも、みそ汁に入れると酸味が和らぐので、無理なく摂取できます。内臓脂肪を減少させて血圧を下げる酢と、血管を若返らせ、美肌効果が高いみその組み合わせは、最強の病気撃退食といえるでしょう。【料理・スタイリング】村山瑛子(料理研究家)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士)


酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる

【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる

私は、腸内洗浄の専門家として活動していますが、以前は偏食により下痢や便秘、鼻炎、アトピーなどの症状に悩まされていました。腸をきれいにする食生活に改善したことにより、驚きの変化が現れました。その食事の中で最も簡単に続けられたのが、みそ汁です。【解説】齊藤早苗(看護師、コロンハイドロセラピスト)


【味噌の効果効能】酵素パワーを生かすには「50℃の味噌汁」がお勧め

【味噌の効果効能】酵素パワーを生かすには「50℃の味噌汁」がお勧め

若々しく健康な体を維持するためには、毎日の食事に気を配りたいものです。私自身は最近、みそを積極的に取るようにしています。みその酵素を生きたまま、効果的に摂取できる「50℃みそ汁」がお勧めです。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長)


酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?

酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【みその降圧効果】本当は血圧を下げる「味噌汁」 夏の水分と塩分補給に最適な飲み物

【みその降圧効果】本当は血圧を下げる「味噌汁」 夏の水分と塩分補給に最適な飲み物

みそには、老化の元凶である活性酸素の発生を抑制する効果があります。血管や内臓、肌を若く保つためにも、みそ汁を中心とした和食をとることで、健康になれるのです。特に夏場は汗をかくので、水分と塩分を補給できるみそ汁は、最適な飲み物です。【解説】上原誉志夫(共立女子大学教授)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた! 私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた! 私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【ダイエット・美肌】に効果のある「納豆スープ」の作り方

【ダイエット・美肌】に効果のある「納豆スープ」の作り方

納豆はみそ汁に入れてもスープにしても、美肌効果のあるビタミンB群や女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンなどの効果は維持されます。ただし、血栓を溶かす作用のある酵素のナットウキナーゼは熱に弱いため、ナットウキナーゼの効果を生かしたい場合は70℃以下にするようにしてください。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【腸内細菌が病気を予防】腸力アップのお勧めは「玉ねぎのみそ汁」

【腸内細菌が病気を予防】腸力アップのお勧めは「玉ねぎのみそ汁」

私の健康の秘訣は、なんといっても、長年の研究対象でもある「腸内細菌」です。 腸内細菌は、病原菌を排除し、食物を消化するだけではなく、体のなかでさまざまな重要な役目を果たしています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)